ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 野球ネタ › 『NEOドラゴンズ』の期待と展望②・・・チームの骨格
2018年11月13日

『NEOドラゴンズ』の期待と展望②・・・チームの骨格

我らが『中日ドラゴンズ』は、2018年シーズンを
143試合を戦い、63勝・78敗・2つの引き分けで
2年連続の5位で終了しました。

これで6年連続のBクラス。
特にこの4年間は5位・6位・5位・5位と
【弱いチーム】のレッテルを貼られた感じが強いです。


では、『強いチーム』・・・って何なんでしょう?

端的に言うと「点を取られないのに、点が取れるチーム」
なんですが、ドラフトなどで『戦力の均等化』されてますし
そもそも【矛】と【盾】の関係なので全部が完璧にはなりません。

そこで、各チームが【特徴あるチーム編成】を考える訳で
それが、チームカラーとなっていくのですが・・・
我がドラゴンズの場合、ホームグランドが『広いナゴヤドーム』に
なったのに伴って、守れる選手がレギュラーの中心となっていきました。

その集大成と言えるのが『“落合”監督の黄金の8年間の頃で
『ゴールデングラブ賞』の9つのポジションの多くを
ドラゴンズの選手が取っている年が多かったです。

日本一に輝いた、2007年とその前年の『ゴールデングラブ賞』は
ドラゴンズが半分以上の、5つのポジションを取っています。

誰でも思い出せる、この4人と・・・


左が2007年、右が2006年に『ゴールデングラブ賞』を取っています。

驚愕なのが、“落合”監督就任1年目の2004年。
6つのポジションで『ゴールデングラブ賞』を取っていて、全員が初受賞。
(残る3つのポジションも僅差の次点で、特に“谷繁”捕手は2票差だった事を考慮すると、ほぼ独占)

中でも象徴的なのが、この2人

“渡邉”一塁手と“英智”外野手。ほぼ守りだけで取ってしまいました。


“落合”監督は、『投手王国』と呼ばれるドラゴンズを任されて
守れる事を最優先とし、さらにそれを鍛え上げただけで
1年目に、セ・リーグを制し、日本一まであと一歩の所まで行きました。


では、これが『チーム造りの正解』だったか?というと
そうでも無いことは、後のチーム編成が証明しています。

しかしながら、『投手を含めた守り』を安定させることで
チームの骨格を作り上げたことは間違いなく
このチームから、どう進化させるか? がその時の課題であり

この6年間、ドラゴンズは何を目指してきたのか? を
来週、推測してみたいと思います。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ












「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(野球ネタ)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。