ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

マンガ・アニメ

2016年10月01日

さらば、“両”さん

漫画『こちら葛飾区・亀有公園前 派出所』が最終回を迎えました。




1976年に週刊少年ジャンプ誌でスタートした『ギャグ(お笑い)マンガ』で
丁度、40年間の長期間連載でした。
凄いのがその間、1回も休みが無かった・・・という事です。

週刊誌の連載・・・というのは、非常にハードで
同じ少年ジャンプで連載中の『ONE PIECE』が
月に1回くらいのペースで、お休みしてる・・・イメージです。

まぁ、人気も地位もある『ONE PIECE』だから
休ませてもらえる・・・と言えるのですが
1年間休まないで連載できるマンガ家さんは
3割くらいしかいないんじゃないでしょうか?
それが、3年・・・5年・・・となれば、ほぼ皆無です。

しかも、『ギャグマンガ』は、お話しが毎回一話完結なので
ネタが続かなくなります。

例えば、『ONE PIECE』で「〇〇編」という話で、1年間描いた場合
基本的な「本筋」に肉付けをしながら、描いていきますが
ギャグマンガだと、年間50くらい『異なるテーマ』が必要となります。

『ドクタースランプ』なんかは、連載終了に向かっていく中で
ひとつのお話し(テーマ)を5週続ける・・・
つまり、5倍に「水増し」して、連載を続けてた・・・ってイメージです。

それを、年間約50話で40年・・・ざっと2000話です。
2000種類の「起承転結」があり
ギャグマンガですから、【オチ】が必要で
それが、面白く無くなると、連載が打ち切られる世界です。



  続きを読む


2016年08月18日

『シン・ゴジラ』を見てきました。

話題の『シン・ゴジラ』を見てきました。



非常に面白かったです。あくまでも個人の感想ですが
【私にとって、ゴジラ・シリーズの最高傑作】です。




まず、個人的なところから言うと

1.完全なゴジラ世代。

昭和29年にデビューした『ゴジラ』ですが
私が、映画館で映画を見るようになった小学生時代が
「子供向け、エンターテイメント怪獣映画」
として、頂点にいた頃だと思います。
丁度、カラーになりましたし
『怪獣 vs 人類』・・・から『怪獣 vs 怪獣』に変わり
【怖さ】よりも【バトルの興奮】が主テーマになりました・・・。
私が中学生になった辺りから、お子ちゃま向けに成り下がりましたが・・・。

団塊の世代~私たちくらいまでが、ゴジラ世代の中心ですから
正直『ゴジラ映画』と言うだけで、ウレシイ世代だと思っています。



2.監督=“庵野 秀明”氏

ご存知『新世紀エヴァンゲリオン』の作者・監督です。
私も、にわかで非常に軽いとは言え『ヱヴァ・マニア』の端くれですので
『ヱヴァ』の世界観と、ゴジラの融合には、期待大・・・でした。


3.“庵野 秀明”氏の年齢

実は“庵野”氏は、私と同世代。1960年生まれのひとつ下。
カラ―で、『華やかなバトル映画』から入り、その後さかのぼって
シロクロ映像で作られた『恐怖映画としてのゴジラ』を見ています。

そこら辺りの『ゴジラに対する価値観』が、かなり近いと思いました。


4.“庵野 秀明”氏の特撮に対する想い

2年ほど前に『名古屋市科学館』で行われた
館長“庵野 秀明”氏【特撮博物館】へ行って来ました。
ここで見た『巨神兵、東京に現わる』



で、特撮に対する想い入れと、技術の高さを見れました。

加えて、“庵野”氏のひとつ下で、同じ大学&同じサークル出身の
マンガ家“島本 和彦”画伯の作品『アオイホノオ』


に、実名で出演?してる“庵野”氏が、大学生時代に
特撮への天才的アプローチをしたエピソードなど・・・
そちらを読んでいますので、より期待が高まりました。



そして、それらの『前知識から膨れ上がった期待感』を
全て超越した映画でした。

ネタバレにならない程度にお話ししますが・・・




① セリフなどのリアル感

基本的に『ゴジラ vs 日本政府』という感じなので
『政府の役人』の、早口の加減が、メチャリアル。
加えて、防衛相の完全協力で、イロイロ作っていますから
荒唐無稽な話なのに、説得力がハンパないです。


② “庵野”氏が出し惜しみ無く全力

「ヱヴァじゃん」「特撮展の映像?」などのご批判もありますが
わたし的には、過去の経験を全てこの作品に持ち込んでくれた。
「集大成のような作品」と、高く評価しています。


③ “前田 敦子”嬢って、いつ出てたの?

主演の3人以外に、ケッコウ有名人が出演されてて・・・
エンドロールで、名前を見つけちゃって・・・
他にも・・・"泉谷 しげる"さん・・・、"野村 萬斎"さん・・・
あれ?どこに出てた・・・っけ?
チョ~有名俳優さんらが、チョイ役でチラチラ現れるのも
楽しいです。


これ以上は、ネタバレになりますので言いませんが・・・

一緒に行った、カミさんや、中3の次男も
非常に楽しめた・・・と言ってましたんで
どなたが見ても、楽しめる『怪獣映画』になってるようです。



ゴジラは『反核』『反戦』の想いが入って作られた映画ですが
今回も「ゼロ」では無いにしろ、出過ぎないように配慮されてました。

そこのバランスが、とても良かったので
エンターテイメントとして、楽しめたのでは・・・? と、思っています。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2016年08月14日

漫画家による仏の世界展 (おまけ)

記事UPが、1日遅れて、申し訳ありません。m(_ _)m ヒラニーヒラニー

11日の記事で紹介しましたが
漫画家による仏の世界展』に行って来ました。

週刊少年マンガ雑誌のターゲットが、「小学5・6年生」と言われますが
丁度、私がその年齢の頃に『巨人の星』『あしたのジョー』を連載してた・・・
という事情もあって、現在もマンガにドップリ浸かっています。

この『漫画家による仏の世界展』は、テーマがテーマだけに
新進気鋭の若手マンガ家さんより、ベテランさんが中心となりますので・・・
まさに、わたし世代のマンガ好きには、垂涎の企画だったのですが・・・

実は、大変な「おまけ」に当りました。



  向って左が私。右が“江口 寿史”画伯です。




  続きを読む


2016年07月28日

『ポケモンGO』を擁護してみます。

私は、ガラケーユーザーなので、参加資格が無く
ほとんど理解はしてないのですが・・・
話題の『ポケモンGO』という、スマホのゲームの話をしてみます。

ご存知の通り、『ポケモンGO』の「ポケモン」とは
日本のゲーム会社『ニンテンドー』が20年前に発売した
「ゲームボーイ」という、携帯ゲーム機で遊べる「TVゲーム」です。



子供向けに開発されたゲームで
『通信機能』があり、友だち同士で「モンスターのトレード」が出来る
という事もあり、家庭用TVゲームに夢中になり、【一人遊び】をする
子供たちを、みんなで遊びたくなるように・・・開発された・・・

という「大義名分」が与えられたこともあり、大ブームになりました。
その後のアニメ化も手伝って、世界的ブームとなったゲームです。

子供向けゲーム・・・と書きましたが、ご推察の通り当時の私は
子供たちが寝静まってから、毎夜1~2時間・・・やってました。
f(^^;) ポリポリ





そして、話題の『ポケモンGO』・・・
今や、中学生以上は持ってても驚かない
通信機能付き携帯パソコン=「スマートホン」の専用ゲームアプリです。

ここら辺りも、20年前の状況と似ているのですが・・・
一番凄いのは、インストールが無料 という事です。

元々、平成元年生まれの長女&3年生まれの次女&6年生まれの長男
この3人が、「ポケモン」ど真ん中世代なので・・・
早速、インストールして、やってるのを見せてもらいましたが・・・



非常に、よく出来たゲームです。
元の『ポケットモンスター』の世界観を、現実世界でリアルに再現してて
実写の世界の上に、モンスターが現れます。



さわりしか知りませんが、元々のゲームの『ポケモン』にハマった人は
非常に楽しいゲームで、公開からわずか3週間で
世界中に、数えきれない『ポケモントレーナー』(ポケモンGO愛好者)が
広がっています。
個人的には「自分はガラケーで良かった・・・」と思いました・・・。


反面、公開前から言われてた【危険な要素】も、問題になっています。




  続きを読む


2016年07月09日

互いに気持ちを伝える事の難しさ

3年ほど前『週刊 少年マガジン』誌に連載され
「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位
に輝いた作品。
その人気だけではなく、問題提起や大きな反響を起こしたマンガ

『聲 の 形(こえ の かたち)』



が、アニメ映画として、9月17日公開されるそうです。



簡単な設定を書くと・・・
聴覚障害の女の子と、いじめっ子の男の子の話です。

これが、読んでて心がザワザワする程リアル・・・な描き方をしています。




『週刊 少年マガジン』と言えば、私のようなオジイチャンも読みますが
基本的なターゲットは、10歳前後。

恐ろしいレベルのイジメを、とても軽くしてしまう男の子を描くとき
徹底した【悪人像で描きがちですし
ラストも【信賞必罰・悪は滅びる】で、まとめたがりますが
このマンガは、そうではありません。

至って「普通な日常」で、登場人物も、特殊ではありません。
障害者 や いじめられる子 が、可哀想・・・という単純な話にせず
とても冷静に、リアルな表現で描かれていますので

逆に、大人の私でも消化するのが大変でした。
そんな作品を、『ヤングマガジン』や『モーニング』などの
大人向け雑誌ではなく

最も多感で未成熟な、小・中学生 をターゲットとした『少年マガジン』
に掲載したのは、大変な決断だったでしょうし
やはり、その世代に最も読んでもらいたい・・・という意味だと思います。



私は、聴覚障害を持つ同級生は、いません。
イジメも、今のような悪質なモノは、経験していないので
本物のリアルなのか?は、分かりませんが

Wikipedia によると
あまりにもナイーブな内容だった為、掲載が見送られ
一時『幻の作品』になっていたようです。

ただ編集者の上のクラスから
「どうしてもこの作品を読者に読んでほしい」
との思いから、講談社の法務部および弁護士、さらに全日本ろうあ連盟とも
協議を重ねた結果、『別冊少年マガジン』2011年2月号に掲載されました。
この時ろうあ連盟からは
「何も変えずそのまま載せてください」
との評価を受けた・・・と書いてありました。


できれば、マンガ(原作)を読んでいただきたいのですが
興味はあるけど、重いのが苦手な方・・・
是非、映画を見て欲しいです。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ


  


2016年04月23日

がま出せ!九州!!

毎週土曜日は『純情きらり、岡崎ロケ』顛末記をやっていますが
私が、Boo-log内で『マンガと野球』の担当・・・を自負していますので
タイミング的にも、この話題には触れておきたいと思います。


まず、4月14日夜に、熊本県・大分県を中心とした大地震で
お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに
被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

私自身、震災から1週間が経っているのに
何もしていない事に、歯がゆさを感じています。

やはり日本人は、素晴らしい民族で
翌日から、色々な方々が色々なアクションを始めています。

そんな中、やはり私が気になったのが・・・これ



『くまモン、頑張れ絵』
です。

『はじめの一歩』の “森川 ジョージ”画伯 や
『あしたのジョー』の “ちば てつや”画伯 などの声掛けにより
日本中のマンガ家を中心に、アニメーターや素人に至るまで
『自分のマンガ』と『くまモン』をコラボさせたマンガを描き下ろし
ネットなどで公開しています。


これは、熊本県のゆるキャラ “くまモン” 側が
「九州復興の為のキャラクターの使用は、無料でイイよ。」

って、言ってくれた事で、実現した企画です。

ただ、販売までしちゃうと、ダメみたいです。



って言うと・・・
「それじゃあ、意味が無い」
「売上げ金額を、寄付する方が現実的」


などと言うご意見が出ますが・・・
大がかりにすればするほど、準備に時間もお金もかかりますし

何よりも、所詮・・・マンガなんて、そんなポジションなんです。


良くも悪くも、影響力があるマンガは
現実離れした夢を語るには
最適なツールなので

被災者の「心」を癒し、私たちの「気持ち」を後押ししてくれています。


どこに何をするのが良いのか?
まだ分からない状況なので・・・とりあえず





2台のパソコン(デスクトップとノート)の背景と
ガラケーとiPhone(通常時とロック時)の待ち受け画面を
『くまモン、頑張れ絵』にしました。

この5枚分の使用料・・・が、1枚1000円・・・として
それくらいの寄付くらいは、しなければイケマセンよね。(ゝω・) テヘペロ



では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2015年03月05日

アニめいげん日めくり【序】

カレンダーって、イロイロありますよね。

パソコンで『オリジナルカレンダー』を作れるキットも売っていますので
以前、『純情きらりカレンダー』を作って、お店に飾ってたりしてました。

ちなみに、去年は市販の『“オカザえもん”カレンダー』で
今年は、『エヴァンゲリオン・カレンダー』をネットで購入して
お店(私のテリトリーですが・・・)に飾っています。


ただ、お店には飾っていませんが、最近の一番お気に入りが・・・コレ



名監督:ノムさんの名言集「日めくり」です。

中身は、こんな感じ・・・


バ~ンと名言が書かれてて、数字は「日にち」を表しています。
数字だけで、月も曜日も書いてありませんから、永遠に使えます。

ちなみに、今日のお言葉はコチラ・・・


変化するのは文字のみですが、31種類あるので、意外と飽きません。


それを踏まえて・・・ですが、今こんなモノを作っています。





  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │マンガ・アニメ

▶コメントをする・見る(0)

2015年02月12日

マンガ『弁護士の九頭』を大人買い。

私は、Boo-log内で『マンガと野球』の担当・・・を自負しています。

そんな私が、最近ネットの古本屋さんで、大人買いをしました。



『弁護士の九頭(くず)』
一審・二審合わせて、全21巻。



《ヤンチャ弁護士》が主役の【弁護士&裁判】 マンガです。

主役の男は、“北野 武”さんを彷彿とさせるルックスですが
実は、顔のパーツが・・・

「天秤ばかり」になっています。

これは、弁護士バッチの中心に


「天秤ばかり」が描かれているところから来ていると思われます。
この「天秤ばかり」が、、「公平と平等」の印だそうです。






  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │マンガ・アニメ

▶コメントをする・見る(2)

2014年08月05日

本当は怖い?【アナ・雪】?

今日のネタは、“わいわい”さんのブログ
『わいわい手づくりブログ 〜waiwaicollection〜』の記事
「アナ雪いいねぇ〜っ!(アナと雪の女王、Blu-ray&DVD)」

から派生した話です。


多くの人たちが、映画館に足を運び
映画が上映中にも関わらず発売されたDVD & ブルー・レイも
記録的な売り上げの、ディズニーアニメ『アナと雪の女王』



もの凄く切ない設定と
紆余曲折がありながら、明るい未来を切り開く・・・というお話ですが
“わいわい”さんも私も、映画の途中で同じ思いをしていました。

お姉さんの“エルサ”って・・・ じゃ無く、氷の女王 だよね。

でも、ラストになると逆に
タイトルを『雪の女王』とした意味が何となく理解できました。
氷に比べて、雪は解けやすいですから・・・ね。

タイトルから、これを伝えようとしてたんだ・・・って思ってたら



え? ( ̄□ ̄;)!!  原題は『FROZEN』 ?? 
『アナと氷結の女王』だったの?

だからアメリカでは、こんなモノがYouTubeで出回ってるんですね。



この動画は、作り込みがかなり秀逸です。


今は、このような【個人投稿動画サイト】があるので
プロみたいな素人の作品が、ケッコウ出回ってて、楽しいです。



  続きを読む


2014年02月27日

四月は君の嘘

このブログは、一応『宝石屋』の企業ブログなんですが
ほとんど、個人ブログの様相を呈しています。

その中で「Boo-log内では『マンガ』と『野球』担当」と公言していますので
今日は『マンガのお話』を一席・・・。m(_ _)mペコリ


最近ちょっとハマっているマンガがあります。


月刊『少年マガジン』で連載中の、「四月は君の嘘」です。

簡単に言ってしまうと、【音楽マンガ】です。


昔から、「男子は週刊誌。女子は月刊誌。」と言われてるらしく
少年向けマンガ雑誌は、週刊誌がメインで、月刊誌は脇役っぽい扱い・・・
的なイメージがあります。

ただ・・・だからこそ、
主役の週刊誌では、「商業第一主義」になり
人気優先 的な内容に引っ張られてしまう傾向も多少はあるのですが
月刊誌は、自由に書きたい作品をじっくり描ける土壌がある・・・
とも言えます。

例えば、近年の月刊『少年マガジン』の作品で言うと
小っちゃい男の子が、カートから始まりF-1レーサーに上り詰める
自動車レースマンガの傑作 「capeta(カペタ)


地味な男子高校生が、天才ギタリストと出会い、メジャーになっていく
音楽バンドマンガの傑作 「BECK(ベック)


たぶん、それらに肩を並べる
クラッシクとピアノと友情(恋愛も含む?)の物語です。


  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │マンガ・アニメ

▶コメントをする・見る(0)

2014年02月13日

“水島 新司”画伯の歴史。

漫画『あぶさん』が最終回を迎えました。



1973年にスタートした『リアルタイムのプロ野球マンガ』で
41年もの長期間連載でした。

当時、パ・リーグは、【興業】として成り立っていないような感じで
このマンガと、2年後に(再)スタートした『プロ野球ニュース』という
スポーツバラエティ(ニュース)番組の2つが
パ・リーグと、パ・リーグのスターたちを世に送り出したと言っても
過言ではありません。


当時、初代プレーイングマネージャー(現役選手なのに監督)の
“野村 克也”氏率いる『南海ホークス』を、マンガの舞台にすると
丁度、連載1年目に、リーグ優勝したのですが
そこをピークに、成績が下向・・・

チームも『南海』…『ダイエー』・・・と身売りを続け・・・
現在の『ソフトバンク』になったのですが
このチームが、初めて日本一に輝いた時の、相手チームが
我が、『中日ドラゴンズ』でした。

日本一決定の瞬間。
『ダイエー・ホークス』のウィンドブレーカーを着た“水島 新司”画伯が
ベンチから選手と一緒に飛び出し、胴上げに参加した時は
もう、ホークスの一員であった事は、間違いありませんでした。


  続きを読む


2013年10月05日

鬼太郎たちとめぐる東海道の旅

先日、『妖怪道五十三次 鬼太郎たちとめぐる東海道の旅』展 へ
行って来ました。



7月25日に、このブログ記事で紹介したので、記憶にある方も
そんなにいないと思いますが・・・ ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
基本的には『ゲゲゲの鬼太郎』展です。




“鬼太郎”ファミリーが各所にいたりしてますし
“水木 しげる”画伯の原画の展示もありました。

ただ、今回の企画は、これが全てです。


浮世絵師“歌川 広重”の『東海道53次』を、ケッコウ忠実に書き直し
そこを、“鬼太郎”ファミリーが旅をする・・・絵を描いています。

ちなみにすぐ上の写真は、岡崎のポスターなので
【岡崎宿】の絵に、妖怪“小豆洗い”・“手長婆”・“ひょうすべ”などなどが
描き足されています。


  続きを読む


2013年07月25日

妖怪道五十三次

先日、“手塚 治虫”展 の報告をしました。
半年ほど前には『ヱヴァンゲリヲンと刀』展の記事も書きました。
そして今日、ご紹介させて頂くのはコチラ
『妖怪道五十三次 鬼太郎たちとめぐる東海道の旅』展 です。



まぁ・・・、そんな感じです。(*^。^*) テヘペロッ

明後日、7月27日(土曜日)より10月27日(日曜日)のジャスト3ヶ月間
岡崎公園内、『岡崎城』と『家康館』の2会場で行われます。


『ヱヴァンゲリヲンと刀』展もそうでしたが、
アニメとのコラボは、注目度も人気も高いだけではなく
“家康”公の原点『岡崎城』と『家康館』とのマッチングも抜群の企画展です。

実際に、比較してみると・・・

元の絵:【東海道五十三次:岡崎宿】


これが、“水木 しげる”画伯本人の加筆?で・・・

こんなことに・・・。

元の絵:【東海道五十三次:スタート地点の日本橋】


これも・・・こんな感じに・・・


すべて、“水木 しげる”画伯本人の描き下ろし・・・だそうです。

『名鉄』も、入場券と名鉄線の切符とのセットした
『お得なきっぷ』の発売 や『スタンプラリー』もあるそうです。

ファンなら絶対に、行くでしょう!

・・・いや。 丁度、岡崎公園では、花火大会(8月3日)に向けて
楽しいイベントが満載なので、ファンじゃなくても行くでしょう!

ってか、来て下さいね。(^人^) オ・ネ・ガ・イ

では、また。(^0^)/~~ バイバイ   


2013年05月21日

『ルパン三世展』レポート

先日、Boo-log仲間の“おかんRider”さんから「特別ご鑑賞券」を頂いたので
カミさんと2人で名古屋に行ったついでに、立ち寄りました。



名古屋市栄の『松坂屋・南館』にある、松坂屋美術館でやってる
『ルパン三世展』です。

いや・・・正確には「今日まで、やっています。」です。(*^。^*) テヘペロッ

丁度、今年は『ルパン三世・アニメ化40周年』の記念の年だそうで
マンガの方の「原画・原稿」の展示もありましたが
ほとんどは、アニメのモノでした。

アニメではお馴染み、「キャラクターの身長表」とか・・・


 ※ 細かいディティールも見えるよう、サムネイルにしました。クリックして大きくして下さい。



同じポーズで「着せ替え“不二子”ちゃん」など・・・



  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │マンガ・アニメ

▶コメントをする・見る(2)

2013年02月05日

『ヱヴンゲリヲンと日本刀 展』 に行って来ました。

現在、岡崎公園内の【岡崎城】と【家康館】で
 『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』が、開催されています。



開催に合わせて、このブログで紹介させて頂いたのが昨年11月末でしたが
実は「エヴァンゲリヲンを見ていない」ので、行けませんでした。

そんな訳で、TUTAYAでTV版DVDを借りて見て
さらに『アメトーク』の「エヴァンゲリヲン芸人」の回も、借りて見ました。

実は『エヴァンゲリヲン』は、まだ未完らしく
昨年末に公開した映画が
最終完結編4部作の3つ目だったそうです。

でも、8割がた「学習した!」ってことで、行って来ましたので
レポートさせて頂きます。


  続きを読む


2012年11月27日