ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

“ジュエル”の 婚カツ!

2009年12月29日

プロローグ

連続のドラマを見るのが苦手な事もあって、全く見ていませんでしたが
この春の『フジTV・月9ドラマ』は結婚したい男女の悪戦苦闘の物語
  婚カツ! というドラマをやってたそうですね。

6月29日の放送が最終回だったそうですが、それになぞらえて・・・。
私の 婚カツ 話を、(また?)連載で少し公開していこうかな?

とか、思っています。

私のポテンシャル(モテ度)がどれくらいだったか? は
ここのブログの 不安倶楽部 からイロイロ見て頂ければ分かります。

そんな私でも・・・評判の良妻と結婚して21年。
以前、個人ブログでも書きましたが

「ねぇ“ジュエル”くん、ど~やったらあんな良いお嫁さんに来て貰えるの?」

と、よく訊かれましたが、そのとき必ず言ってたのは

「私が一番不思議に思っています。 ただ・・・若い頃(中・高・大学時代)
 女(おんな)運の無駄遣いは
しませんでしたよ・・・。」
<(`^´)>エッヘン

きっと、おんな運が溜りに溜まってたんでしょうね・・・(泣

では、また。(^0^)/~~ バイバイ  


2009年12月25日

大学進学の秘密

私の婚カツ!は、実質17歳から始まっていました。

高校生活も半ばを過ぎた辺り、足立家では私の進路が話題になっていました。

ジュエル足立の創設者である父は
「男は学歴なんて不要。その仕事にどれだけ頑張れるかが重要。
 高校を卒業したら、同業他店に修行に出るべき」
と考えていました。

これは全くの正論で、私個人の能力の事だけを考えれば
いまだにそうすべきだったと思わないでもありません。

対して母は、私に大学へ行くべきだと言い続けました。

最終的に『志の低い私』は、4年間遊んで暮らせる方を選びましたが
母が大学進学にこだわったのは理由がありました・・・。  続きを読む


2009年12月20日

お見合い写真

♪ 嫁が、欲しく なると・・・
  配る、厚い 表紙
  お見合い写真の あの頃は
  哀しい、目をしてる ♪



よく言えば 流動的、正直に言うと 他人の意見に流されるウチの母は
色んな写真を私に要求してきました。



  ※この写真はイメージです。
   私ではありません。

   ただ・・・この当時、お見合い写真を
   写真館で撮ってもらうと
   だいたい、こんな感じでした。




「正式なモノだから、チャンとした写真でこちらの誠意を伝えないと・・・」
と言われて、スタジオのある写真屋さんで正式な写真を撮ったり

「今どき、そんな硬っ苦しい写真じゃあ、面白みの無い人に見られるよ・・・」
とか聞けば、スナップ写真を用意しろと言い出す始末でした。

  続きを読む


2009年12月19日

お見合いルールの確認

現状は知りませんが、25年前は『基本的ルール』がいくつかありました。

当時、私が教わった『お見合いの基本理念』はコレです。
「すぐにでも結婚したい」と思っている
結婚適齢期身元のシッカリした 男と女 が
実際に会って、その1点に絞って話し合うのが
お見合いだから
『お互いに合格点』なら結婚成立

   で は な く

『どちらかが「絶対にムリ」
 って言わなければ』
結婚成立


これが『お見合いの基本な考え方』と言われていました。  続きを読む


2009年12月15日

みなしご世代・・・以前

団塊の世代・・・に代表されるように
イロイロな年代でくくられる『世代感』があるそうです。

昔、妹に教わったのが『みなしご世代』




  スミマセン・・・。m(_ _)m ヒラニーヒラニー
 “ハッチ”のほうじゃありません。
  小ズルイ事をしてみました。f(^^;) ポリポリ




昭和37(みな)年生まれ~昭和45(しご)年生まれまでをくくって
『みなしご世代』と呼んでるって、聞きました。

確かに、このくくりには多少の心当たりもあります。
昭和45年生まれ以降は、団塊の世代ジュニアになってきますから
世代感が変わっても、不思議ではありません。(実際はよく分かりませんが・・・)

リアルに実感したのが、昭和34年生まれの私の同級生と
たった3歳違いの、昭和37年生まれのカミさん世代の違いでした。

  続きを読む


2009年12月10日

お見合いでの断り方

前回(8/26)の記事の最後に
「私には、お断りする権利を、与えられていませんでした」と書きましたが
それ以前に・・・基本、女性の方が断ります。
(いや・・・「それはお前だからやろ?」って言われても・・・)

どんな出会いにしろ、男からアプローチしなければ、事は進みませんが
お見合いをする男性の大半が『アプローチ下手』だったりしますから
ビミョ~な感じになると、おおむね女性から断ってきます。

この辺りは、女性のプライドを尊重しますから
「(別に好きでもない男に)断られるのなら、コッチから断らないと」
って考え方はあって然るべきと考えられています。

まぁ、私の場合はほとんどが
写真 or 会った瞬間 に断られていましたが・・・。  続きを読む


2009年12月09日

それぞれの思惑

私の親の世代には、

夫婦には「惚れた腫れた」なんて関係ない
結婚して日にちが経てば、愛着が出てくる
騙してでも結婚させちゃえば、コッチの物。


なんて事を、普通に思ってたみたいで
ほとんど『押し売り』の考え方と、一緒だった気がします。

ですから、1回目で断ろうとすると
「そんな・・・1回会っただけじゃ、良いところなんか分からんでしょう」
とか言って、断らせません。

  続きを読む


2009年12月01日

敗戦決定 ~ 延長戦

その頃、“足立”家は殺伐としていました。

このカテゴリーの初めに書いたとおり
 ウチの商売を考えると独身男(私)と従業員さんでやって行くのは難しい。
 という訳で、2代目の最低条件は お嫁さんがいる こと。
 ですから、「30歳までにお嫁さんが決まらんかったら、クビ!
 と、申し渡されていました。


そんな中、当の本人は『自分のモテないっぷりは自覚』しつつも
好きでも無い女性と結婚して、結局うまく行かずに離婚するくらいなら
最初から『一生独身』の方がマシ!

などと言っていましたから・・・。そりゃ親もキレる・・・ちゅうねん。
お見合いを重ねるうちに、家庭内の空気はよどんで来ていました。


そしてとうとう、来るべき時が来ちゃいました。
15人目のお見合いの時、お互いに「お断り」しないまま
期限といわれる、3回目をクリアしちゃったんです・・・。  続きを読む


2009年11月27日

婚カツ!外伝 その壱

自慢じゃありませんが、私は 運だけ 
人生の一大事を乗り切ってるところがありまして・・・
特に結婚に関しては、持ってる を総動員したことは間違いありません。


1987年元旦、午前0時。私は友人に誘われて『新婚の先輩』の家に
前夜(大晦日)から泊りがけで遊びに行っていました。
『紅白歌合戦』が終わり年が明け、通り一遍の新年のご挨拶もそこそこに
近くの神社に『初詣』に皆で出掛けました。

毎年この時間に『ウチの町内の神社(氏神様)』に初詣に行くのが慣わしなので
何か「浮気でもしてるような罪悪感」を持ちながらお参りに・・・。

そこの“神様”にしてみても
産まれた時からず~っと知ってて、毎年の初詣はモチロン
七五三や豆まきなどのイベントも参加してる先輩たちは兎も角
「はじめまして」の若僧が、イキナリ来て何をお願いするつもりなのか?

とか、思って怒ってるんじゃないか・・・的な事を考えていました。

だからと言うのも失礼な話なのですが
叶いそう(自分が期待しちゃう)な願い事は、自分の氏神さんの所へ・・・
ここでは、絶対ムリだろう的なハードルの高過ぎるお願いをして
「いや、別にスルーしてもらって結構ですから・・・」
ってスタンスでお参りをしよう・・・。と決めて


 理想の女性と結婚できますように・・・


と、自分のことは棚に上げた 超・図々しいお願い
をすることにしました。  続きを読む


2009年11月26日

婚カツ!外伝 その弐 -前編-

つい先日ブライダルのお客様に、横にいて一緒に接客してた
ウチのカミさん を指し「ウチのカミさんが・・・」って言ったら
「えぇっ!?この人が奥さんだったんですか?」って言われました。

ビジュアルのバランスが均等でない夫婦なので
そんな言われ方は、かえって自慢だったんですが・・・そのお客様が

「私・・・娘さんかと思ってました」

いやいやいやいや・・・。( ̄□ ̄;)!!
たしかに私は歳より老けて見られ、カミさんは若く見られますが・・・


まぁ、私が言ってはイケマセンが・・・才色兼備で性格も優しい上に頑張り屋さんの彼女と結婚できた理由が、いまだに分かりません。
どれくらい不釣合いかというエピソードは
個人ブログの『バレンタイン・ネタ その1その2』をご覧下さい。

カミさんに訊いても、大した理由は出てきません。
「寝た子を起こす」「薮をつついて蛇が出る」なんて事になってもイケナイ
ですから、それ以上は突っ込まないでいます。

そもそも私たち2人は、もう少しで
出会う事すらなく消滅してた カップルだったんです。

  続きを読む


2009年11月25日

婚カツ!外伝 その弐 -中編-

1987年の夏。電力不足対策(経費の節減?)か何かの関係で
2ヶ月ほど、トヨタ関連の企業が平日休みになっていました。
豊田市内の信号機が土・日に平日モードになったり
草野球に人が集まらなくなったり・・・大変な影響がありました。

トヨタ関連企業に勤めていたカミさんも、8月中は平日休みだったので
8月最後のお休みの日に、私の親戚の家で会う事になりました。

私はその日仕事で、約束の時間も2時でしたから
2~3時間ドライブでもして、家まで送り届ける計画でした。
(正直、「晩飯まで食わさんでもイイか?」って思ってました)

挨拶を済ませて車でお出かけします・・・
助手席に座った彼女が開口1番「B型でしたっけ?」

どうやら、世間一般では通用しない 散らかり様 だったようで
そんな質問が出たみたいです。(過去のパターンでは、この時点でアウトです)

(履歴書に、血液型はモチロン生年月日や学歴まで書いてあったけど?)
とか思いながら満面の笑みで「そうですよ」と答えました。  続きを読む


2009年11月24日

婚カツ!外伝 その弐 -後編-

“足立”家で、いまだに語り草になっている『悪夢の南公園デート』
盛り上がらないまま終了しました。
「回数券がまだあまってる・・・」と抵抗してみましたが
(このセコさだけでも、断られる理由として充分だったのですが・・・)
やんわり終了を告げられました。


私はよく、悪い意味で 典型的なB型 と言われます。
偏った価値観 の下
行き当たりバッタリ の戦略で現状を乗り切ろうとします。

その上、お笑いタレントの“明石家 さんま”さんと同じ、かにB(かに座のB型)
最も似てるところが『自分大好き!』なところです。
  続きを読む


2009年11月23日

婚カツ!外伝 最終話

全くためにならなかった『私の婚カツ話』は今日で最後です。
『運』以外の決め手が全く見当たりませんから、参考になりません。
こうやって文字にしてみて、余計に身に染みています。

私のように『運』だけで、幸せな結婚生活を送れる人間もいれば
能力があるのに『縁』を結び損ねてる方もいらっしゃいます。

そんな中、1つ間違いなく言えるのが
『プロにお願いする』 って最後の切り札がある・・・ってことです。

私の場合は、ご近所さまや親戚などがお世話をしてくれたのですが
現代の横のつながりを見ると、そのような人たちが減って
チャンスも減ってしまうのは仕方ないとも思えます。

やはり、プロのシステムの下で安心の婚カツ!が出来る 結婚相談所 は
正直いって、頼りになります。

ただ、結婚相談所って・・・分かり難く、不安なイメージ
持ってたりしませんか?

宝石店でもそうですが、外からは良し悪しが見えにくい業種ですし
数字だけでは判断し辛いところもたくさんあります。
(ジュエル足立は、たくさん売る宝石店よりも
 10年20年後に「あの店で買って良かった」と思って頂ける宝石店を目指していますし・・・)


私も、どこかの相談所の卒業生ではありませんから
責任を持ってオススメできる結婚相談所はありません。


でも、個人的に自信を持ってご紹介したい  がいます。
  続きを読む


2009年11月22日

結婚式でのBGM

毎週金曜日はブライダルの話をしていますが
今日は22年前の思い出話です。

少し前にも書きましたが、最近ネタ探しに『Yahoo!智恵袋』をよく見ます。


そこで意外とあるのが「結婚式で使うBGM」についてです。

実は、私の結婚式のBGMはほとんど私が用意しました。
まぁ22年も前の話(曲)なんか参考にはなりませんが・・・
チョット・・・一応・・・。2曲だけ・・・。f(^^;) ポリポリ


私はそうでもなかったんですが、カミさんが“小田 和正”さんのファンで
「この歌が好き」って教えてくれたのが・・・コレです。


当然「これ結婚式のBGMで使おうかな・・・」とか思ったんですが・・・
よく聞いてみると『失恋ソング』でした。

名曲ですし、いまだにCMソングとして使われていますから
皆さんご存知だと思いますが、一応・・・

 ♪ 終わる筈のない愛が途絶えた
   いのち尽きてゆくように
    ちがう きっとちがう
    心が叫んでる



出だしからコレです。(+。+)アチャー。  つ・・・使えん・・・。
1番2番が全くこんな感じで、どんよりどよどよ した感じで進み
最後に、パンドラの箱で最後に出てくる『希望』のように

 ♪ la la la…… 言葉にできない
   あなたに会えて
    ほんとうによかった
    嬉しくて 嬉しくて
     言葉にできない


って入りますが・・・普通にかけたら絶対に使えません。
最後まで行かない内に終わっちゃうでしょうから・・・。

でも何とかして使いたい。“小田”さんの声、キレイだし・・・。

  続きを読む


2009年06月02日

明日は、「プロポーズ」だっ!

明日、6月3日は『プロポーズの日』だそうです。
(ちょっとキャッチーなタイトルで、アクセスUPを狙いました。申し訳ありません。m(_ _)m ヒラニーヒラニー)

何でも『日本ブライダル協会』が《ジューンブライド》に引っ掛けて
「毎年6月の第1日曜日を『プロポーズの日』としましょう」
って感じで、制定したようです。(かなり大雑把だけど、いいや。)
ですから来年の『プロポーズの日』は、6月2日です。
6月3日はではありません。



まぁ私のブログで、それだけで終わったらツマラナイんで
1ネタ入れときますね。
このブログを一旦お休みにする前にやった大ネタに
『“ジュエル”の婚カツ!シリーズ』ってぇのがありました。

その時、それほど『面白い』話とも思えないので書かなかったんですが
私の『プロポーズにまつわる話』を、今日は書いちゃいます。

題して・・・「プロポーズの日」記念特別【“ジュエル”のプロポーズ 】
 あぁ・・・、ヒネリも何も思い付かないや・・・ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ



  続きを読む