ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

岡崎市内のイベント

2021年08月17日

『水木しげる 魂の漫画展』に行ってきました。

孫と一緒に『水木しげる 魂の漫画展』に行ってきました。



場所は高校野球のメッカ『岡崎市民球場』・・・に隣接する
『岡崎市美術博物館』


結論から言っちゃうと、孫と一緒に行くよりも
大人向けで、硬派な展覧会・・・って思いました。




  続きを読む


2021年06月23日

“しらとり”さんと“小森”くん

再来年のNHK大河ドラマで、元『嵐』の“松本 潤”さんが
“徳川 家康”公を演じる
ことが決まったってことで
岡崎市がザワザワしていますが、実は別にもう一つあるんです。

最近、近所の本屋さん(『正文館』さん)で、字ばっかりの本を買いました。





ミステリー作家の“東野 圭吾”さん の新作です。
“福山 雅治”さんの『ガリレオ』シリーズや
“阿部 寛”さん主演の『新参者』シリーズなど
作品が映画 ドラマ化されることが非常に多い、人気作家さんです。





ザックリ解説しちゃうと・・・

東京で起きた【殺人事件】の容疑者が、愛知県安城市の男・・・。
その【殺人事件】が、33年前に『名鉄 東岡崎駅前』で起きた
【金融業者殺害事件】(フィクションですよ)と、かかわってきます。

あの“東野 圭吾”さんの最新作の舞台が安城市や岡崎市?

そんな事なので、普段「マンガしか読まない」私が珍しく
字ばっかりの本を買って読んでいますし
岡崎市の本屋さんも、大なり小なりコーナーやポップを作っています。


ちなみに『正文館』さんの店内は、こんな感じ・・・アップにすると・・・





私はまだ、途中までしか読んでませんが
全部読み終えた友人は
「傑作! 間違いなく映画かドラマになる!!」
と言っています。


舞台の半分は西三河。
そうなったら、岡崎市や安城市などで、ロケがあるでしょう。
作品中も、けっこう「三河弁」が飛び交ってるそうです。

そうなったら「三河弁に精通した」私たちの出番です。

いや・・・ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
エキストラが、聞こえるようにしゃべっちゃ・・・ダメか?

でも、何とかかかわるチャンスがあると良いですね。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪



では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  続きを読む


2021年06月06日

どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻

再来年のNHK大河ドラマはどうする家康って事らしいので



それに乗っかるかたちで、マジでブログネタに困ったときに・・・
不定期連載のブログ記事で、ドラマと岡崎市を盛り上げる・・・
雰囲気を醸し出そうと思っています。(ゝω・) テヘペロ




上の写真をクリックして頂くと、NHKの公式HPが開きますが
相変わらず、新たな情報は増えていません。
そんな訳で、今回はまるっきりの推論で語ります。



NHK大河・・・といえば、戦国時代ですが
この時代は、愛知が生んだ『3英傑』抜きでは語れません。

順に挙げると…まず、戦国時代の大魔王:“織田 信長”



続いて、天才・策士:“豊臣 秀吉”



そして、我らが、“徳川 家康”



この3人の中で、仲間外れ・・・と言うか
戦国武将の中で、“家康”公だけが仲間外れ・・・です。

どの武将も、カリスマ性が高く、【強い軍団】を作りますが
カリスマ武将の死後、他の武将に取って代わられています。
ところが、そんな時代の中で、“家康”公だけが
数百年続く『江戸幕府・徳川時代』を作っちゃったという事実!



私は、歴史や時代劇が苦手なので、知りませんが
“家康”は、 “信長”・“秀吉” とは全く違う考え方で【政治】を捉えていて
「敵を恐怖で縛り付ける」のではなく
「みんなを仲間にしちゃって、みんなで良い国を作る」
なんて方向の政治をしてたんじゃないかなぁ・・・

なんてぇことを、常々、思っていました。


そして今回、公式HPの脚本家のコメントには

「カリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない
 ひとりの弱く繊細な若者が、ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに
 いやが応にも心に鎧をまとわされ、必死に悩みもがき、すべって転んで
 半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき
 個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく。
 それこそ誰もが共感しうる現代的なヒーローなのではないか。」


と、書かれていますし、描きたいのはカリスマ“徳川 家康” では無く
『チーム徳川』だそうです。


何か、私と同じく、歴史や時代劇が苦手な女性にも楽しめそうな・・・

そんなドラマが、期待できそうです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2021年05月29日

「岡崎へ、こりん!」キャンペーン・・・『Q』

今月の奇数土曜日にブログネタにしました
『カモン 岡崎』の第3弾です。



『名鉄』さん主導の「電車で、岡崎に遊びに来てね!」って企画。
このポスターで最も気になるのは・・・『東海オンエア』でしょう。
『聖地巡りきっぷ』なんてぇのは、それ以外の何物でもありませんな。



この『東海オンエア聖地巡りきっぷ』には
「ランチ」1つと「軽食」や「スイーツ」が2つ付いていますので
それをベースに【初心者向けルート】の提案をしてみますね。
((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


スタート地点は、名鉄『東岡崎駅』の北口とします。
外に出ると“東海オンエア”のメンバーがお出迎え!



なのですが、一旦建物の中へ戻って『東岡崎駅観光案内所』で
1番上の写真のリーフレットをGETしといて下さい。
こんな感じの『聖地巡りサンプル』が載っています。



モチロン、そっちの方が参考になると思いますが・・・
1回目は、限られた時間で全部回るのはムリ・・・なので
「ここは押さえておきたいでしょう?」って優先順位を考えて
還暦ジジイが少しナナメなご提案をしてみました。
(2回目以降の期待があることは、書くまでもありません)





  続きを読む


2021年05月15日

「岡崎へ、こりん!」キャンペーン・・・『破』

2週間前のブログ記事でネタにしました『カモン 岡崎』の続きです。



『名鉄』さん主導の「電車で、岡崎に遊びに来てね!」って企画。
そうなると、やはり気になるのは・・・コスパ! でしょう。

まず『グルメランチきっぷ』で計算してみます。



「この企画の為のスペシャルメニュー」なので
基本価格が分かり難く、比較がムツカシイのですが
[B] 『八千代本店』さんの「なめし田楽定食」は



基本メニューに、¥1,760 で載っていますので
それを基準に計算してみます。(O.O;)(o。o;) ドキ ドキ


まず、通常の運賃表をご覧ください。


『名古屋-東岡崎』の往復運賃が、¥680×2=¥1,360
これに、ランチの¥1,760 を加えると・・・¥3,120

「岡崎グルメランチきっぷ」の名古屋の値段が・・・


え?!ウソでしょ??
この時点で、¥490 お得です。

金山駅で計算しても、往復運賃が、¥620×2=¥1,240
ランチの¥1,760 を加えると・・・¥3,000 なんで
やはり、¥480 お得になっています。

つまり、更なる「お得」の『ミューチケットの割引=¥110』
『岡崎城・家康館の割引=¥80』『ゴールド赤だし』をプラスすれば
3割前後 お得になります!(ヒガオカとの距離で大きく変わると思われますが・・・)



同様に『岡崎食べ歩きっぷ』も



1軒あたりの平均が、¥350くらいなので、2軒で¥700



『名古屋-東岡崎』の往復運賃が、¥680×2=¥1,360
これに、スイーツの¥700 を加えると・・・¥2,060
その他のおまけ込みで計算すると、25%くらいのお得感です。



何なら両方セットの『聖地巡りきっぷ』は



お得プラス・・・レアなノベルティ



も、ありますから・・・『東海オンエア』のファンの方!
9月12日(日曜)までのロングラン企画なんで・・・
7回来て、コンプリートしちゃう!? ((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2021年05月01日

「岡崎へ、こりん!」キャンペーン・・・『序』

ブログをサボってる内に、岡崎でこんな企画が始まってました。



『カモン 岡崎』キャンペーン・・・三河弁で言うと
「こりん 岡崎」・・・って感じかな?(ゝω・) テヘペロ

どうやら、『名鉄』さんの主導で
「電車で、岡崎に遊びに来てね!」って企画のようです。



企画の出発点・・・というか、スタート地点・・・なのかな?
名鉄『東岡崎駅』の北口から出ると・・・



“東海オンエア”のメンバーがお出迎え!

ここを起点に『乙川』『岡崎公園・岡崎城&家康館』『伊賀川』など
ロケ地巡り(聖地巡礼)をしたら
『“りょう”くんの看板』と『2つの壁画』をチェックして
『観光案内所』『籠田公園』から徒歩10分の『岡崎市役所』でゴール。



これだけでは、わざわざ電車で来て歩き回らなくても・・・
ってことになっちゃうんで、イロイロくっ付けています。(ゝω・) テヘペロ


まず『グルメランチきっぷ』


6軒の中から1つ選べる『特別ランチ』がメインになります。
これに『名鉄特急券』と『岡崎城と家康館』の割引券や
八丁味噌がもらえます。


別メニューの『食べ歩ききっぷ』


6軒の中から2つ選べる『特別スウィーツ』がメインになります。
これに『名鉄特急券』と『岡崎城と家康館』の割引券や
岡崎茶がもらえます。


何なら両方セットの『聖地巡りきっぷ』


も、ありますよ。



一番上の写真をクリックしていただくと『公式HP』が開きます。
これは、この企画のポスターやリーフレットにもなってまして
リーフレットに企画内容が分かりやすく載ってますんで
お近くの『名鉄の(無人じゃない)各駅』に置いてあるそうですから
是非ゲットして、予習~計画して楽しんで頂ければ、ウレシイですね。


期間は、9月12日(日曜)までのロングラン企画。

とりあえず、このGWは【無計画】でイロイロ行ってみて
後日、何度でもリベンジ?来て、全店制覇を目指して欲しいです。

そんな感じで、このネタも、引っ張ろうかな。ヾ(≧▽≦)ノ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2021年04月11日

どうなる?『どうする家康』・・・壱の巻

ちょうど一週間前の4月4日(日曜)は、『家康行列』が予定されてました。
どうやら今年は、中止では無く秋頃に延期したそうです。

最近ちまたで「ザワザワ」してるのが・・・
3年後(2024年)の『家康行列』に、“松潤”が来る・・・っていう噂。
再来年のNHK大河ドラマがどうする家康と発表されたので



2024年の『家康行列』の“家康”公は、“松潤”だろう・・・
いや、そうでなくてはならない!
と、期待する岡崎市民の気持ちは、当たり前のことだと思います。


でも、岡崎市民・・・いや、愛知県民以外の日本人は
どう思っているのでしょうか?

実は数年前、ウチの取引先の山梨県人に、こう言われて驚きました。
「“家康”って、岡崎の人なの?
 てっきり、浜松の人だと思ってた!」




え?・・・どぉゆうこと?




  続きを読む


2021年03月14日

どうなる?『どうする家康』・・・零の巻

再来年のNHK大河ドラマはどうする家康と、発表されました。



来年・・・ではなく、再来年の大河ドラマですから
この1年の間で、キャストなどの骨格が発表されていくと思われますので
それに乗っかるかたちで、マジでブログネタに困ったときに・・・
不定期連載のブログ記事で、ドラマと岡崎市を盛り上げる・・・
雰囲気を醸し出そうと思っています。(ゝω・) テヘペロ




上の写真をクリックして頂くと、NHKの公式HPが開きます。
現段階で分かってるのは、主演が元『嵐』の“松本 潤”さん。
ただ、上の写真でも分かる通り、脚本家の扱いが上です。

今日は、脚本家の“古沢 良太”氏・・・って誰? 的なお噺をします。




  続きを読む


2021年03月05日

続:タウン誌『リバーシブル』と私。

一昨々日のブログ記事で
40年前の『リバーシブル』創刊と私の【黒歴史】の噺をしました。

その『リバーシブル』というタウン誌は『リバ!』と名前を変えて
去年、満40歳を迎えたようです。

そんな訳で、『株式会社リバーシブル』は
40周年記念の特別号の発行をすべくプロジェクトを立ち上げました。
内容は、『リバーシブル』に掲載された「岡崎市の40年の変遷」を
1冊の本にまとめよう!・・・というモノらしいです。(ゝω・) テヘペロ

この40年間と言えば、日本が「バブル期」に向かって華やかになり
「バブルの頂点」から「バブル崩壊」を経て、現在に至る激動の時代です。
【戦後】のような、記録映像でしか見たことが無い時代では無く
私が、実際に生きてきた時代をまとめた内容になると思われます。


その記念本発行ために、クラウドファンディングが立ち上がっていました。



 ※ 上の写真クリックで、クラファンページが開きます。是非!(^人^) オナシャス。


【黒歴史】とはいえ、創刊に関わったご縁がある私も
「本がもらえる最低金額」で、支援させていただきました。





このクラウドファンディングは
4月22(木曜日)の深夜、23時59分59秒までです。
よろしくお願い致します。(^人^) オナシャス。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2021年02月05日

岡崎市街で、“平泉 成”さんの声が聞こえる・・・。

ここ数ヶ月・・・たぶんこの年末年始。

「こちらは、岡崎警察です・・・。」

とボイスメッセージを拡散してるパトカーに遭遇します。

ただ、この声が、聞き取りにくいしゃがれたオッサンの声で・・・
広報としては、どうなんだろう? と思っていましたが・・・


あれ・・・この声・・・聞き覚えがあるぞ・・・そうだ!



“平泉 成”さんだ・・・。



ご存じ、岡崎市の「市民栄誉賞」を受けてる俳優さんです。
額田郡(現・岡崎市)出身で、私の母校『岡崎商業高校』の大先輩です。
この数年では、映画『シンゴジラ』の総理大臣臨時代理



という、誰もがなってみたい役職に
誰もなりたがらないタイミングで押し付けられ・・・任命されるという
悲哀に満ちた役柄が、凄くハマってた・・・と印象に残っています。





  続きを読む


2020年09月22日

ビールボーイがやって来た。ヤァ!ヤァ!ヤァ!

この夏、岡崎市民を良い意味で「ザワザワ」させてる一人の男がいます。



その名を “岡崎ビールボーイ” くん
背中に背負ってるのは【ビールサーバー】・・・

そうです。野球場とかで見かける・・・アレ。ビールの売り子さんです。
後ろに映ってる「普通の自転車」で、岡崎市内を駆け回ります。

その雄姿は、中日新聞でも取り上げられてりしています。


(※ 新聞記事なんでサムネイルにしました。是非クリックして大きくしてお読みください)



本来なら、岡崎市内外のイベントに駆け付け、ビールを売り歩く
そんな予定が【コロナ禍】で、イベントが無くなって・・・

なんてことに負けてないで、ちっちゃなお店から家庭訪問まで・・・



神出鬼没!に、岡崎市内を駆け回っています。



でも、まぁ・・・
イベントは土日が中心で、ウチの家族は全員下戸ですから
【縁】は無いかなぁ・・・とか思ってた矢先
『ジュエル足立』に、“ビールボーイ”くんが現れました!







  続きを読む


2020年08月04日

岡崎市内の店舗に行って「サイン書きましょうか?」と聞く動画

先日、あげたばかりの記事を削除したので・・・
前回・今回と、チョッピリ予定を早めて記事UPしてみました。
ま・まぁ・・・ネタも薄まる・・・のは、仕方ないですよね。

そんな訳で、今日は・・・有名人に乗っかってみました。


ユーチューバーの【東海オンエア】・・・ってご存じですよね?



岡崎市が生んだ・・・と言っても過言では無い
(6人中5人が岡崎の私立高校の同級生で、あとの1人も岡崎の公立高校出身)
日本を代表する、ユーチューバーです。

還暦過ぎの爺さんが思う「個人的に彼らを好きな理由」は
・他人の失敗に【笑い】を求めない・・・
ところです。・・・・・・・・知らんけど。(ゝω・) テヘペロ



さて、そんな【東海オンエア】の動画で、最近こんなのがあがりました。





岡崎市内の店舗に行って「サイン書きましょうか?」と聞く動画です。

コロナ禍において観光・経済は死活問題になっています。
そんな中
「動画を通して少しでも岡崎市を知ってもらいたい!」
って意味の深い企画だそうです。


【笑い】の解説はヤボなんでしませんが・・・
結果はともかく、出演されたお店の紹介を、順にしときますね。





  続きを読む


2019年12月13日

#オカヨン へ・・・イッタヨン。

ただ今、『イオンシネマ 岡崎』にて・・・
こんな映画やってます。



『おかざき恋愛四鏡(おかざきれんあいしきょう)


略して「オカヨン」・・・だそうです。
カミさんと一緒に、見て来ましたんで・・・
きょうは、この映画のご紹介です。(O.O;)(o。o;) ドキ ドキ


とりあえず、予告編(90秒バージョン)をご覧になって下さい。




正直、「若い男女の恋愛映画」なんて、興味が持てないのですが
見に行った理由は・・・「お・か・ざ・き」だからです。g(`、´ )good!


全編、岡崎ロケ! 岡崎っ子の「恋愛ドラマ」なんですよ。
実際に見てみると、約2時間・・・岡崎だらけです。




それだけでも、『岡崎市民』には見ていただきたい・・・ってか
岡崎を知ってる人なら、どなたでも楽しめる映画なので・・・
軽~く、「見る前に、知っといても良さげな前提」を書いときますね。
(前情報ナシで見たい方は、ブログ記事の続きは見ずに映画館へGO!)






  続きを読む


2019年06月08日

“逆2.5次元”プロジェクトの謎に迫る!

1ヶ月ほど前の記事で、6月22日(土)・ 23日(日)に
岡崎市民会館-あおいホール で開催される
『錆色のアーマ -繋ぐ- という舞台演劇のお噺しを書きました。

ブログ記事には出てませんが、この『錆色のアーマ』をネットなどで探ると

「前代未聞の“逆2.5次元”プロジェクト」
という言葉が、よく見られます。



今日は、「それって何?」って、お噺しです。




  続きを読む


2019年05月11日

錆色のアーマ -繋ぐ-【予習の会】を見てきました。

時は戦国・・・
『天下布武』を掲げ、日本の王になろうとしていた “織田 信長”


“信長”は、不思議な武器(アーマ)を使う傭兵集団【雑賀衆】
若きリーダー “孫一”


を手中に収め、快進撃を続け「王の座」が見えてきた頃・・・


怪しげな妖術を使う、宗教団体『一向宗』の長 “顕如”
武装坊主や、“信長”の参謀・“明智 光秀”らを取り込み


戦国魔王 “織田 信長”を亡き者とし、自らが日本の王になろうとしていた。


そして舞台は、最終決戦の地・・・『本能寺』へ・・・



という舞台演劇を・・・映画にまとめたモノを、見てきました。







  続きを読む


2019年05月07日

岡崎市民会館『あおいホール』

“ジュエル足立”の前の道を南に行くと『殿橋』
『名鉄・東岡崎駅』を北に進むと『明代橋』がありますが
現在、その中間あたりに新たな橋を作っています。

橋の名前も『桜城橋(さくらのしろばし)と決まり
完成予定は来年ですが、完成すると・・・

ウチの近所の『籠田公園』までの、一本の道が出来上がる事になります。

公園を通り越して、さらに北に進むと信号3つくらいで
岡崎市民会館・・・の手前の信号交差点に到着します。


右側、角から2軒目あたりに、駐車場の入り口が見えてますから
ここから、少し上り坂になりますが、大丈夫。
『名鉄・東岡崎駅』から、徒歩で20分くらいでしょうか?
うん・・・歩けない距離ではないな・・・。



  続きを読む


2018年11月24日

『天才ダリの版画展』へ行って来ました。

年齢は違っても、誕生日が一緒だと自慢したりしませんか?

12月7日生まれの人が
「オレ、“羽生”くんと同じ誕生日なんだ」とか
9月20日生まれの女子が
「私、“安室”ちゃんと、同じ日に生まれたの!」
みんなに自慢したりします。

残念ながら、私の誕生日:7月15日は、自慢できる有名人がいません。
いや、ゼロな訳ではないのですが、自慢できる度がイマイチで・・・

そんな中、「7月15日生まれ」の頂点にいると思われる・・・
天才画家“サルバトール・ダリ”の版画展
『おかざき世界子ども美術博物館』でやっているので
見に行って来ました。



初めて、このお方の名前を目に(耳に)した人の多くは
「ダリ・・・って、誰?」
という、オヤジギャグ が浮かんでしまった事でしょうが
作品で言うと・・・コチラ



これなら、見覚えがあると思いますが、いかがでしょうか?
こんな感じの【ヘンタ・・・ いや、【変わった画風】の作家さんです。


館内風景は、こんな感じ・・・


作品単体の写真や、フラッシュをたいての撮影はNGですが
上のような「作品群」とか「風景」的な写真は、撮り放題です。


作品ひとつひとつは、はやり難解でしたが
ご本人も・・・
「私の作品の意味など、誰にも分からない」
とか、おっしゃってたそうです。・・・でも、さらに
「だからと言って【意味が無い】のでは無く
 あり過ぎて、理解できないのだ。」

と、続けているそうなので・・・

やっぱ、常人の理解は越えてるのかも知れません。




そして、最後の最後で・・・大変なことが起こりました。


たぶん、私にとっては、今年一番の衝撃的出来事です。





  続きを読む


2018年09月07日

『カメラを止めるな!』を止めるな!

今年、イロンナ意味で「一番の話題作」と言われる映画
『カメラを止めるな!』を見て来ました。




この映画は、2007年公開のアメリカ映画『パラノーマル・アクティビティ』


の手法で撮られた・・・【コメディ映画】・・・って感じです。

※「予告編すら見たくない」派の方は、ここでサヨナラしましょう。




【笑い】は「知識(常識)を裏切る」ことで、起きたりしますから
ネタバレは厳禁なのですが
予告編で出てるところまでは、大丈夫ですよね?



「ゾンビ物で、生中継で、ワンカット・・・」
を、撮ったヤツらの話(映画)・・・です。

低予算を逆手にとって、そこにリアリティを生み出した【傑作】・・・
と言って過言ではない作品だと思いましたし
2館だけの上映予定が、200館になってる事でも
多くの方に、そう思われてるのは、紛れも無い事実です。

話題作であり、上映館が増えたおかげで、簡単に見れるので
是非、映画館に見に行って下さい。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪



『ユナイテッド・シネマ岡崎(旧:シネプレックス岡崎)




住所:岡崎市羽根町小豆坂3番地 『ウイングタウン岡崎』 2F
個々の映画情報は、上の写真をクリックしてください。
駐車場:共有なので、メッチャメチャたくさんあります。










さて、このタイミングで、それだけで終わっては、残念なので・・・
もう一つの話題…【著作権問題】にも触れておきますね。(ゝω・) テヘペロ



  続きを読む


2018年08月30日

素晴らしき『宝飾デザインの輝き』

ジョルジュ・ブラック 展 へ行っていました。



ザックリ説明しますと、“ジョルジュ・ブラック” 画伯は
20世紀初頭の『キュビスム』の画家です。



・・・って言われても、ピン!と来ない、私
のような方々に分かりやすく言うと・・・

“パブロ・ピカソ” 画伯の代表的な作品が『キュビズム』らしいです。
ってか『キュビズム』自体、ほぼ2人で作り上げた画風?みたいです。
(“ピカソ”画伯の方が、半年ほどお兄さんですが、同世代です)

『キュビズム』の特徴と言えば「平面に3Dを描く」ようなモノですが
結局のところ、“ジョルジュ・ブラック” 画伯は
「見るだけでは無く、実際に触れることの出来る…」
をテーマに、立体の造形物に絵を描いたり
3Dで作っちゃったり・・・

それが『宝飾(ジュエリー)という形となって、今回の展示に至ります。

そんな感じで、5つのカテゴリで発展していく過程を見られます。
興味のある方は、是非!




『ジョルジュ・ブラック 宝飾デザインの輝き』


場所:『岡崎市美術博物館(中央総合公園内)』



 住所:岡崎市高隆寺町峠 1番地
 ℡(問い合わせ):0564-28-5000
 休館日:毎週月曜日(祝日は開館)
 開場時間:10:00 ~ 17:00 (入場=16:30まで)
 開催期間・・・~ 9月17日(月曜・祝日)まで





  続きを読む


2018年03月28日

『岡崎公園』お花見情報・2018

三寒四温・・・とか言ってたら、今週は初夏の気温で
日本中で、桜がピークを迎えようとしています。

ウチの町内と言っても過言ではない『岡崎公園』の「桜まつり」は


明日、29日(木曜日)からの約2週間の開催予定です。

ただ・・・今年は、桜のピークが早いので・・・
一昨日の『岡崎公園』・・・すでに満開?って桜もチラホラ


この日も、平日だというのに『岡崎公園』付近は大渋滞・・・。
この週末が「花も団子(飲食店)」も、ピークの賑わいになり
4月8日(日曜日)の『家康行列』
もしかしたら、今年の「桜まつり」のフィナーレ・・・
となってしまいそうな、雰囲気です。

そんな訳で、露店などを急ピッチで・・・


作り上げていました。
『岡崎公園』のお花見は、「桜」と「露店」がセットで楽しいので・・・



  続きを読む