ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

『どうする家康』

2021年06月06日

どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻

再来年のNHK大河ドラマはどうする家康って事らしいので



それに乗っかるかたちで、マジでブログネタに困ったときに・・・
不定期連載のブログ記事で、ドラマと岡崎市を盛り上げる・・・
雰囲気を醸し出そうと思っています。(ゝω・) テヘペロ




上の写真をクリックして頂くと、NHKの公式HPが開きますが
相変わらず、新たな情報は増えていません。
そんな訳で、今回はまるっきりの推論で語ります。



NHK大河・・・といえば、戦国時代ですが
この時代は、愛知が生んだ『3英傑』抜きでは語れません。

順に挙げると…まず、戦国時代の大魔王:“織田 信長”



続いて、天才・策士:“豊臣 秀吉”



そして、我らが、“徳川 家康”



この3人の中で、仲間外れ・・・と言うか
戦国武将の中で、“家康”公だけが仲間外れ・・・です。

どの武将も、カリスマ性が高く、【強い軍団】を作りますが
カリスマ武将の死後、他の武将に取って代わられています。
ところが、そんな時代の中で、“家康”公だけが
数百年続く『江戸幕府・徳川時代』を作っちゃったという事実!



私は、歴史や時代劇が苦手なので、知りませんが
“家康”は、 “信長”・“秀吉” とは全く違う考え方で【政治】を捉えていて
「敵を恐怖で縛り付ける」のではなく
「みんなを仲間にしちゃって、みんなで良い国を作る」
なんて方向の政治をしてたんじゃないかなぁ・・・

なんてぇことを、常々、思っていました。


そして今回、公式HPの脚本家のコメントには

「カリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない
 ひとりの弱く繊細な若者が、ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに
 いやが応にも心に鎧をまとわされ、必死に悩みもがき、すべって転んで
 半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき
 個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく。
 それこそ誰もが共感しうる現代的なヒーローなのではないか。」


と、書かれていますし、描きたいのはカリスマ“徳川 家康” では無く
『チーム徳川』だそうです。


何か、私と同じく、歴史や時代劇が苦手な女性にも楽しめそうな・・・

そんなドラマが、期待できそうです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2021年04月11日

どうなる?『どうする家康』・・・壱の巻

ちょうど一週間前の4月4日(日曜)は、『家康行列』が予定されてました。
どうやら今年は、中止では無く秋頃に延期したそうです。

最近ちまたで「ザワザワ」してるのが・・・
3年後(2024年)の『家康行列』に、“松潤”が来る・・・っていう噂。
再来年のNHK大河ドラマがどうする家康と発表されたので



2024年の『家康行列』の“家康”公は、“松潤”だろう・・・
いや、そうでなくてはならない!
と、期待する岡崎市民の気持ちは、当たり前のことだと思います。


でも、岡崎市民・・・いや、愛知県民以外の日本人は
どう思っているのでしょうか?

実は数年前、ウチの取引先の山梨県人に、こう言われて驚きました。
「“家康”って、岡崎の人なの?
 てっきり、浜松の人だと思ってた!」




え?・・・どぉゆうこと?




  続きを読む


2021年03月14日

どうなる?『どうする家康』・・・零の巻

再来年のNHK大河ドラマはどうする家康と、発表されました。



来年・・・ではなく、再来年の大河ドラマですから
この1年の間で、キャストなどの骨格が発表されていくと思われますので
それに乗っかるかたちで、マジでブログネタに困ったときに・・・
不定期連載のブログ記事で、ドラマと岡崎市を盛り上げる・・・
雰囲気を醸し出そうと思っています。(ゝω・) テヘペロ




上の写真をクリックして頂くと、NHKの公式HPが開きます。
現段階で分かってるのは、主演が元『嵐』の“松本 潤”さん。
ただ、上の写真でも分かる通り、脚本家の扱いが上です。

今日は、脚本家の“古沢 良太”氏・・・って誰? 的なお噺をします。




  続きを読む