ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

三河のイベント

2021年03月02日

タウン誌『リバーシブル』と私。

大学生の頃、『ペーパードール』という喫茶店でアルバイトをしていました。
大人になって振り返ると、無責任な大学生のアルバイトなんて
就労ごっこにしか過ぎず
自分の仕事量よりも、迷惑をかけた量の方が大きく上回ってた気がします。
そんな、無責任でお小遣い(給料)がもらえるアルバイトは、非常に楽しく
私は、『ペーパードール』のことも大好きでした。


そんなある日、『ペーパードール』のマスターが
「今度、タウン誌を作ろうと思ってるんだ・・・。」
と、唐突に言い出しました。
それが、現在は『リバ!』という名前に変わっていますが
『リバーシブル』というタウン誌の誕生の予告でした。



例に漏れず、タウン誌ですから
岡崎市内のお店をはじめ、色んな情報が満載なのですが
一番の特徴は・・・その雑誌がリバーシブルになる仕組みで・・・。



雑誌の真ん中でひっくり返して、小脇に挟んで、これ見よがしに歩く・・・

創刊号は・・・『POPEYE(ポパイ)』



のパロディで・・・『POPOPO(ポッポッポッ)』



そんな「おちゃらけたコンセプト」も大好きでしたので
マスターの「“足立”くん、何か書いてよ」というムチャ振りも
安易に・・・快くお受けいたしました。


いやいや・・・ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
モチロン、『コラム』みたいな本物の依頼ではありませんよ。
アホの大学生にそんな大それたことは頼んだりしません。

この手の雑誌にありがちな『読者のページ』がありまして
普通は、創刊号を見た読者が送ってきたモノを集めて
第2号からそのページが、スタート出来るのですが・・・

「こんな感じ・・・っていう見本というか、景気付けで載せたいんだよね」

という依頼です。

アホの大学生である私の、薄っぺらい常識では
そのページは、写植・・・つまり活字で印刷されるので
下書き・・・というつもりで、手持ちの原稿用紙1枚に
雑文を書き殴って、マスターに渡しました。




そして、『リバーシブル創刊号』が出版されて
『読者のページ』を見てみると・・・何か思ったのと違う・・・





  続きを読む


2021年01月26日

「こども食堂を開店したい!」って言う人を支援してみる?

Boo-log という地域ブログの特殊性なのですが
『ブロガー同士が強く繋がって、それが広がって行く』
という個性があります。
「地域ブログ…って、だいたいそんな感じでしょ?」
とか思ってたら大間違いで、たぶんBoo-log は稀な成功例だと思います。

そんな環境ですから、ブーロガー仲間がお店をやってれば
簡単に「お客として、会いに行ける」訳なのですが
ウチの店のように『お客として行くのにハードルが高い』業種などは
なかなか【ご縁】を結べないブーロガーさんも多くいます。

そんな中「特殊な宴会」に参加する所からのご縁で始まり
最近では私よりも、カミさんや長女が仲良しになってしまった感のある
Boo-logブロガーの“M’s chikuchiku”さん

なんと! 豊田市下市場町の『区民会館』を借りて
こども食堂 を、開店されるそうです。

こども食堂がピンとこない方は、下の動画をご覧になってください。





ご存じの通り『こども食堂』は、その性質上「利益が出ない」どころか
地域の人たちやその考えに賛同してくれる人たちの支援がないと
「開店」も「運営」もできません。

そこで、Boo-logブロガーの “M’s chikuchiku” さん
『こども食堂』開店のための、クラウドファンディングを立ち上げました。



 ※ 上の写真クリックで、クラファンページが開きます。是非!(^人^) オナシャス。


私はともかく・・・(゚゚;)☆\(--;) オイオイ ナニイッテンダヨ
早速ウチのカミさんは、少額ですが支援させていただきました。





  続きを読む


2020年06月30日

『純情きらり』再放送のお知らせ。

およそ1週間後の、7月6日(月曜日)より
我が「岡崎市」を舞台とした、NHK朝ドラ『純情きらり』

の再放送がスタートします。

チャンネルはNHK総合。月曜から金曜までの週5日。
午後4時20分から30分間(1日2話ずつ放送)
毎週10話づつで16週目の途中で終了となります。


このドラマには個人的に【ご縁】がありましたから
どうしても、ひいき目になってしまいますが・・・
私は、朝ドラを代表する名作 だと思っています。

しかしながら、初回放送から14年も経っていますから
忘れちゃった人や知らない方が多いと思いますので・・・
ゼロから『純情きらり』の告知をしたいと思います。





  続きを読む


2019年03月05日

ここdeやるZONE(ぞん) 続・第2幕。

バブルの頃は「岡崎市の中心街」ともてはやされた
“ジュエル足立”のある町『康生通り商店街』も
ずいぶん、寂れてしまいました・・・。

そんな中で生まれた、康生に特化したタウン誌『Corin』もそうですが
『空き店舗をとりあえず活用する』プロジェクトがあります。

その名も「岡崎市空き店舗撲滅運動」
『ここ de やるZone - ここやる -




そこで、一昨日(3/3)にあったイベントがこちら!


集え!野球好き!『ここ de 「プロ野球語る」Zone! vol.2』
(「野球語る」の1回目は…コチラ。それ以外に「マンガ語る」もやってます。)



会費 ¥1,000 で、アルコールを含む飲食付き。
1回目と同様・・・非常にほのぼのとした会でした。

やっぱ【好きなチームの悪口】が無いのが、楽しさの秘訣かな?
時期が時期だけに、【希望に満ちた話】が中心でしたから
『順位予想』は必須です。



まだ、シーズンが始まってもいないのに、応援するチームを
「1位以外に予想する」なんて、ファンとして出来ません。(笑






  続きを読む


2018年10月21日

ここdeやるZONE(ぞん) 第2幕。

バブルの頃は「岡崎市の中心街」ともてはやされた
“ジュエル足立”のある町『康生通り商店街』も
ずいぶん、寂れてしまいました・・・。

そんな中で生まれた、康生に特化したタウン誌『Corin』もそうですが
『空き店舗をとりあえず活用する』プロジェクトがあります。

その名も「岡崎市空き店舗撲滅運動」
『ここ de やるZone - ここやる -


メッチャ簡単に説明すると
「使ってないお店…って、悪くなるで、イベントやって使おまい!」
「参加者の敷居が高なるとイカンで、余分にお金を取~へんで」
(参加費は【その場の飲食代】しか集めない・・・的な・・・)
「その他の経費(家賃を含む)は、スタッフが自腹だげな・・・」

って感じ、だそうです。

そんな小っちゃいイベント(…と言っても、ただの集まり…ですが…)
なので、マジメな会合から、マニアックな集会まで、イロイロあります。




先週の水曜日(10/17)にあったイベントがこちら!


集え!野球好き!『ここ de 「プロ野球語る」Zone』







  続きを読む


2016年07月23日

3D「ジブリ」展

4日前の火曜日。内視鏡検査を受けてきました。
岡崎寄りとは言え、豊田市内の病院でしたし
月に1回、第3火曜日だけ余分なお休みを頂いているので・・・

ウチの店と同じ、毎週月曜定休の『豊田市美術館』でやってます
ジブリ立体建造物
に、行って来ました。



モチロン、中では撮影禁止なので、UPできる写真はありません。
中身が分からなくて、行こうか?迷ってる方・・・コチラをご覧ください。

基本的なコンセプトと、東京開催の写真が載っています。





  続きを読む


2014年07月24日

ツール・ド・三河湖

マラソン よりも敷居が高く。カーレース ほど、門戸が狭くないスポーツ
サイクリング の人気が高まってるそうです。
それも、チョッピリ大人な・・・



ロードバイク と呼ばれる自転車です。

私に実体験が無いので、間違ったことを書いちゃってたら
教えて(遠慮なくご指摘をして)頂きたいのですが・・・

ウチの子供が乗ってる自転車が
人力のみで、『楽に長距離を移動できる道具』
だとすると、ロードバイク
『楽に・・・』と、相反する『速く』を追求する為に
科学の粋を集めた、魔法の乗り物です。

そんな、最先端の自転車の専門店
じてんしゃ創庫 モック さんへ行って来ました。




  続きを読む


2014年06月03日

リミッターをぶち壊せ!“妄想 狂子”のお出ましだぃ!!

昨日(6月2日)、『岡崎りぶら』で変な集会がありました。



よく分からないけど、定休日だし近くなので
自分なりのドレスコードに身を包み、行って来ました。


え~っと・・・。よく分かりませんでした。(ゝω・) テヘペロ



『りぶら』の比較的大きい部屋に
100人とも150人とも言われた人数が集結。



そこで、1人1人がひねり出した『妄想』に
席替えをしながら、『妄想』を足して行きます。




基本的な骨子は
「わたしのまちを良くする為のアイデア募集」
なのでしょうが・・・

この手の集まりは昔からあるし・・・
実現可能なアイデアしか出ないので・・・
正直、常軌を逸した面白さ って、あまり期待できません。

って事で、今回の切り口が『妄想』でした。
そして、それを引っ張ったのがこのお2人。


向って右側の緑の女性が、司会進行の“香田 ともこ”さん。
左側の金髪の女性が、この会の象徴?“妄想 狂子”さんです。


兎角、この手の集まりで
『現実路線』を集めても、面白くなりません。

かと言って、全く実現性が無いと「ふざけている」ことになっちゃいます。

でも、今回の集まりは
「ふざけている」ことに、「ふざけた意見」を重ねて形にしたり
「何でもイイから、面白い事」を言い合う中で、面白い事を探す。

・・・的な?


この日の集まりは、そんな感じだったような気がします。

見方によっては【意味の無い集まり】に捉えられるかもしれません。

でも、この日、こんな話をうかがいました。



  続きを読む