2016年11月19日

『匠YA』さんの 《赤い糸》

どうやら、私が住む「愛知県岡崎市」は
今年が、『市制100周年』にあたるらしく・・・

   
いたる所で、色んなプロジェクトをやってたりしています。


その内のひとつが・・・コチラ


赤い糸プロジェクト です。

赤い糸の「結び付く」という意味を『連携・交流』と捉え
岡崎市で生産された「食べ物・工芸品・歴史・伝統」などが
コラボし、結び付きながら、新しい商品の提案・開発をしよう!
・・・って感じのプロジェクト・・・なようです。(ゝω・) テヘペロ


そんなプロジェクトですから、イロイロあっても、私が取り上げるのは・・・


八丁味噌×赤ワイン マリアージュイベント


ざ・・・残念ながら、下戸(お酒が飲めない人)ですから
料理のみの・・・いつもの『小学3年生』レベルの、レポートです。
しかも、開催期間が、今年度末(2017年3月31日)までなので
ペースを上げないと、行きたいお店に行きそびれちゃいます。


そんな訳で、『赤い糸プロジェクト』の第4弾は
岡崎市における、和食ダイニングの雄『匠YA』さんに行って来ました。


こちらが、100th記念メニュー・・・



『牛ほほ肉 の 八丁味噌 煮込み』です。


『魚信』さんの「赤い糸」と一緒で
基本的には、単品なので、ご飯やお味噌汁などを付けて頂き
定食的なメニューで出して頂きました。(¥370up)





カミさんに言わせると
「見た目の美しさ」も和食の魅力の一つだそうで
芸術作品のような、凝った派手さではなく
赤・緑・黄色が、基本のように構成されています。

そもそも、肉 + 味噌 が、地味な色なので・・・


食べてみると、意外なほど「甘口」

『赤い糸プロジェクト』の企画が【赤ワイン】とのコラボなんで
お酒に合う「辛い味付け」を想像してましたが・・・
甘党の私は、ご飯が、進みまくりです。(ここは個人の好みですが・・・)

「お酒にも合うように、濃い口醤油を使って・・・
 さっぱり感とコクを出しているので・・・」


と、ご説明を頂きました。

そして、思った以上に、柔らかいです。

『匠YA』さんの作るモノは、味にハズレが無いのはモチロンですが
食感にもこだわりがあるので・・・

「まぁ、柔らかく煮込んであるんだろうな・・・」
とは思っていましたが、お肉の食感がシッカリあるのに

「あ・・・これ、歯が無くても食べられるわ・・・」


これを、気取らない雰囲気で、食べさせてもらえるので・・・
とても、ありがたいお店です。





『ジャパニーズ・ダイニング 匠YA





 岡崎市大門町 三丁目7番地2
 0564-28-5528
 昼 11:00~14:00(14時L.O)
 夜 17:30~22:00(22時L.O)
 定休日:毎週火曜日
 駐車場、お店の前に数台・・・と

第2駐車場が、増えてました。


『匠YA』さんの、斜向かいにある『芋や』さんの、右隣りの駐車場。
ここの「匠YAのプレート」が付いてる所に、停められます。







「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(三河のお店、ご紹介。)の記事
Paint It Fancy 2017 秋
Paint It Fancy 2017 秋(2017-10-12 09:30)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。