2016年02月18日

『シン チャオ』さんの 《まぜめん》

過去記事の『岡崎まぜめん』カテゴリでも数軒紹介していますが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。

ブログネタには、非常にありがたい『岡崎まぜめん』レポートなのですが
同じお店を同じネタで2回ピックアップしない方針(自分ルール)なので
ある程度は、回ってしまい・・・行きたいお店が限られる中

『康生通商店街』に、ニューウェ~ブが押し寄せていまして
そのトップランナーが、ウチの斜向かいの『VASE』なのですが
そこの1階にある、ベトナムフォ~の専門店『シン チャオ』さん
『岡崎まぜめん』を始めてくれたので、行って来ました。

こんな感じ・・・、((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪

『岡崎まぜめん』¥900 + ランチBセット¥200(サラダ+飲み物)
ランチは、白ご飯が無料で着けられます。

見た目の印象は、「野菜が多い」です。いかにもヘルシーな感じで
女子向けの『まぜめん』なのかな・・・と思ってましたが大違い!


実は、来店前からイロイロ勝手なイメージで誤解してましたが・・・
『シン チャオ』さんは、ベトナムフォーの専門店なので・・・当然
ここの『岡崎まぜめん』も、八丁味噌ダレ + フォー だと思ってました。

ところが注文して、壁のポスター(ってかPOP?)を見たら・・・


あ・・・、それはそれで、別にあるんだ・・・。

麺がそもそも、中太中華麺。もっちり歯ごたえのあるヤツ。
その上で、味噌ダレが・・・恋・・・・・・・ではなく、濃い

全然、女子向けじゃありません。
非常に挑戦的で能動的な、男麺・・・そんな印象です。

とにかく、ご飯がススム進む。野菜の甘みがオアシスのようです。


正直、自他ともに認める「子供舌」なので、甘いモノ大好き!です。
実は、このガツンと来る味噌の辛さは、大人過ぎて苦手なのですが

商品として、非常に好きな味付けです。

どうしても、『岡崎の特産の食べ物』というと、『八丁味噌』となります。
モチロンそれはそれで良いのですが・・・
隠し味・・・って言うか、隠れ過ぎてて、分からないモノが多くあります。

さらに『岡崎まぜめん』というような「同一テーマの企画」になると
冒険を恐れると、他店と区別がつかなくなる・・・事もあります。

ですから、『八丁味噌メイン』と謳った時点で
味噌の辛さや風味が、ガツン!と襲ってくるくらいが丁度良く
それに負けない他の食材と味噌とのバトルが始まる・・・

これが、「岡崎名産を謳う食べ物」の理想だと思っていますので
『シン チャオ』さんの『まぜめん』は、ある意味【理想形】だと思います。

聞くと、ハマってる人は、こればかり注文する・・・そうです。

私は、子供舌だから、甘い『豆乳フォー』が好きかな?
(゚゚;)☆\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ



ベトナム.フォーの専門店 『シン チャオ』



   VASE the social market hub 1階


 住所:岡崎市康生通東1丁目14番地
 定休日:月曜日
 営業時間::11:30〜16:00
 ※ ランチセット:11:30〜14:00
 ※ 食事のラストオーダー:15:00
 ※ ドリンクのラストオーダー:15:30

駐車場:無し。お近くのパーキングをご利用下さい










「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(康生商店街へのお誘い)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。