ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 岡崎市内のイベント › 『どうする家康』 › どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻
2021年06月06日

どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻

再来年のNHK大河ドラマはどうする家康って事らしいので

どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻

それに乗っかるかたちで、マジでブログネタに困ったときに・・・
不定期連載のブログ記事で、ドラマと岡崎市を盛り上げる・・・
雰囲気を醸し出そうと思っています。(ゝω・) テヘペロ




上の写真をクリックして頂くと、NHKの公式HPが開きますが
相変わらず、新たな情報は増えていません。
そんな訳で、今回はまるっきりの推論で語ります。



NHK大河・・・といえば、戦国時代ですが
この時代は、愛知が生んだ『3英傑』抜きでは語れません。

順に挙げると…まず、戦国時代の大魔王:“織田 信長”
どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻


続いて、天才・策士:“豊臣 秀吉”
どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻


そして、我らが、“徳川 家康”
どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻


この3人の中で、仲間外れ・・・と言うか
戦国武将の中で、“家康”公だけが仲間外れ・・・です。

どの武将も、カリスマ性が高く、【強い軍団】を作りますが
カリスマ武将の死後、他の武将に取って代わられています。
ところが、そんな時代の中で、“家康”公だけが
数百年続く『江戸幕府・徳川時代』を作っちゃったという事実!



私は、歴史や時代劇が苦手なので、知りませんが
“家康”は、 “信長”・“秀吉” とは全く違う考え方で【政治】を捉えていて
「敵を恐怖で縛り付ける」のではなく
「みんなを仲間にしちゃって、みんなで良い国を作る」
なんて方向の政治をしてたんじゃないかなぁ・・・

なんてぇことを、常々、思っていました。


そして今回、公式HPの脚本家のコメントには

「カリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない
 ひとりの弱く繊細な若者が、ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに
 いやが応にも心に鎧をまとわされ、必死に悩みもがき、すべって転んで
 半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき
 個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく。
 それこそ誰もが共感しうる現代的なヒーローなのではないか。」


と、書かれていますし、描きたいのはカリスマ“徳川 家康” では無く
『チーム徳川』だそうです。


何か、私と同じく、歴史や時代劇が苦手な女性にも楽しめそうな・・・

そんなドラマが、期待できそうです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


では、また。(^0^)/~~ バイバイ








「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(岡崎市内のイベント)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どうなる?『どうする家康』・・・弐の巻
    コメント(0)