2021年03月02日

タウン誌『リバーシブル』と私。

大学生の頃、『ペーパードール』という喫茶店でアルバイトをしていました。
大人になって振り返ると、無責任な大学生のアルバイトなんて
就労ごっこにしか過ぎず
自分の仕事量よりも、迷惑をかけた量の方が大きく上回ってた気がします。
そんな、無責任でお小遣い(給料)がもらえるアルバイトは、非常に楽しく
私は、『ペーパードール』のことも大好きでした。


そんなある日、『ペーパードール』のマスターが
「今度、タウン誌を作ろうと思ってるんだ・・・。」
と、唐突に言い出しました。
それが、現在は『リバ!』という名前に変わっていますが
『リバーシブル』というタウン誌の誕生の予告でした。

タウン誌『リバーシブル』と私。

例に漏れず、タウン誌ですから
岡崎市内のお店をはじめ、色んな情報が満載なのですが
一番の特徴は・・・その雑誌がリバーシブルになる仕組みで・・・。

タウン誌『リバーシブル』と私。

雑誌の真ん中でひっくり返して、小脇に挟んで、これ見よがしに歩く・・・

創刊号は・・・『POPEYE(ポパイ)』

タウン誌『リバーシブル』と私。

のパロディで・・・『POPOPO(ポッポッポッ)』

タウン誌『リバーシブル』と私。

そんな「おちゃらけたコンセプト」も大好きでしたので
マスターの「“足立”くん、何か書いてよ」というムチャ振りも
安易に・・・快くお受けいたしました。


いやいや・・・ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
モチロン、『コラム』みたいな本物の依頼ではありませんよ。
アホの大学生にそんな大それたことは頼んだりしません。

この手の雑誌にありがちな『読者のページ』がありまして
普通は、創刊号を見た読者が送ってきたモノを集めて
第2号からそのページが、スタート出来るのですが・・・

「こんな感じ・・・っていう見本というか、景気付けで載せたいんだよね」

という依頼です。

アホの大学生である私の、薄っぺらい常識では
そのページは、写植・・・つまり活字で印刷されるので
下書き・・・というつもりで、手持ちの原稿用紙1枚に
雑文を書き殴って、マスターに渡しました。




そして、『リバーシブル創刊号』が出版されて
『読者のページ』を見てみると・・・何か思ったのと違う・・・






正解から発表すると・・・
『読者のページ』の投稿フォーム?がコチラ。

タウン誌『リバーシブル』と私。

実は、『ペーパードール』の店長とか、近しい人にはこれが渡ってて・・・

タウン誌『リバーシブル』と私。

それに合わせて書いています。
文字は活字ではありませんが、それはそれで味もあるのですが・・・
それに引き換え、私のが・・・コチラ・・・

タウン誌『リバーシブル』と私。

いや、アカン。これは、アカンやつや!

そもそも、生来「字が超ヘタクソ」なのに、活字になると思ってるから
まともに書く気がゼロ・・・どころか、もっと酷くなってるし・・・
しかも、間違っても線で消して横に書き直す・・・

タウン誌『リバーシブル』と私。

小説家を気取ってる感じが、鼻につきます。

何よりも最悪なのが・・・
笑わそうとしてる感じが出てるのに、内容がクソほど面白くない・・・
┐(´∀`)┌ ヤレヤレ、マイッタネ


せめて・・・「そのまま載せるよ」って、先に言っといてくれたら
ヘタなりに、気を遣ったギリギリ読める字を書いたのになぁ・・・


いや・・・内容が面白くないのは、限界だったんで、どう仕様もないですね。
┐(´∀`)┌ ヤレヤレ、マイッタネ



では、また。(^0^)/~~ バイバイ










「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(時事ネタ?)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。