ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 野球ネタ › 『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①
2021年02月02日

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

昨日から、プロ野球が解禁。
キャンプが始まり、令和3年のドラゴンズがスタートしました。

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①


そんな訳なので、毎年恒例となっています
「野球を知らない【還暦ジジイ】が、今年のドラゴンズを予想する!」
を、火曜日連載で3回くらいに渡り、見切り発車したいと思います。


我らが『中日ドラゴンズ』は、2020年シーズンを
コロナ禍の影響で、大混乱し試合数も120試合に減った中
60勝・55敗・5つの引き分け・・・という成績で
8年ぶりのAクラス・3位で終了しました。

最も大きな原動力となったのが【大福マル】こと、この3人

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

向かって左から “祖父江 輔”・“ 敬登”・“ライデル マルティネス”
この3人が投げる終盤7・8・9 回の3イニングは、ほとんど無失点で
6回終了時にリードしていた試合において、37連勝を記録しました。


そこへ、先発投手陣の柱・・・沢村賞投手“大野 雄大”

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

ドラゴンズのエースだけでは無く、もはやセ・リーグの左のエースです。


今年から、名前が『ヴァンテリンドーム・ナゴヤ』に変わったとはいえ
球場は広いままです。
ドラゴンズの勝ちパターンは「守り勝つ」ということになりますから
2020年のゴールデングラブ受賞者の3人と、実質№1ショートを加え

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

この4人が守ってるのは、ドラゴンズの一番の戦力だと思います。

そして、長年の懸案だった【キャッチャー問題】も

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

解決にリーチがかかってる感じがしています。


モチロン、「これで優勝だ!」
と言えるほどの、楽観論者ではありませんが
「優勝を狙える!」
と言える戦力になってきた・・・と思っています。


そこら辺りの「安心理論」を連載していく予定です。(ゝω・) テヘペロ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ










「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(野球ネタ)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。