2021年02月26日

【ひな】 令和3年3月のキャンペーンのお知らせ

ブライダルリングのブランドひなのキャンペーンがまた始まります。


3月3日は、ご存じ、ひな祭り です。
ブライダルリングのブランドひなのお祭りとも言えます。
そんな訳で、毎年3月だけは、プレゼントをお付けしています。

今年の『ひな祭りフェア』は・・・こちら


誕生石プレゼント です。

フェア期間中、【ひな】のエンゲージリング または
マリッジリング をペアでご成約いただきましたリングの内側へ
12種類の誕生石の中からお好きな宝石をお一つづつ、留めさせて頂きます。
(※ デザインやサイズにより、別のサービスに変更される場合があります。)


加えて今年は、Wチャンスがあります。



やはり、ご成約のお客様に限り・・・ですが
インスタグラムにUPして頂いたお客様の中から抽選で
4名様に写真の商品のプレゼントがあります。

写真の上から
『バルミューダ トースター』
『ブルーノ ホットプレート』
『アテックス ルルド マッサージクッション』
『バルミューダ 電気ケトル』


詳しくは、“ジュエル足立”の店頭でご説明させて頂きます。



キャンペーン期間は
3月1日(月曜日)から3月31日(水曜日)までです。


でも・・・実質は、今日からお受けしちゃっています。
キャンペーンのスタートが、“ジュエル足立”の連休ですし・・・
今日でも、3日間遅れてFAXしちゃうだけなんで・・・(ゝω・) テヘペロ
【ひな】も、きっと
「今日からお受けしますよ。」って言ってくれることでしょう。

  続きを読む


2021年02月23日

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望・最終話

昨秋のドラフト会議で、少しだけネットをざわつかせた指名がありました。

我らが『中日ドラゴンズ』の1位指名“高橋 宏斗”くんの高校時代の同僚で
ショートを守ってた“中山 礼都(らいと)”くんが
『ジャイアンツ』に3位指名されました。
同じく3位で『ドラゴンズ』が指名したのが、同じく高校生ショートの
“土田 龍空(りゅうく)”くん


え?  同い歳のショートで「ライト」と「リューク」・・・って



あ・・・いや・・・こんな感じです・・・。



この2人が、同じ順位でライバル球団に指名されるドラマ!

両球団は4年前にも、『大学生ショート』でずば抜けている2人



を指名し、2人とも「ほぼレギュラー」になっています。
その間ドラゴンズは、数人のスター性のある内野手を獲得し
内野手には「入り込む余地が無い」状態なのですが

何故か?この「ライト」と「リューク」から、目が離せない・・・
そんな気がして、ワクワクしています。

とは言え、高校生の3位指名ですから
早くても3~5年後のお話しです。





  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │野球ネタ

▶コメントをする・見る(0)

2021年02月19日

簡単そうで、イロイロ難しいリフォーム

このブログを、よく見て頂いてる方ほど、お忘れかもしれませんが・・・
これは『宝石店』のブログです。
ま・・・まぁ、ジュエリーの話、ほとんどしないし・・・ね。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

そんな訳で、困ったときの『ジュエリーリフォーム』の話です。


今回ご紹介するリフォームは・・・コチラ



『バイオレットスターサファイア』のタイタックでしたが・・・
こんな感じで・・・指輪にしました。






ちなみに、気になるお値段ですが・・・
¥110,000 かかりました。


逆は、よくあります。
出番が無くなった指輪を、ペンダント等にリフォーム・・・です。



このパターンですと、¥10,000 前後くらいで出来ちゃいます。


価格の違いは、ズバリ!「使うプラチナの量」です・・・。
リングの部分だけで、まぁまぁのプラチナを使います。
これだけのボリュームの宝石と台座を支える訳ですから
少しくらいの衝撃で、簡単に変形とかしないように作っています。


もう一つ、このパターンの「やっかい」なのは、台座の裏・・・
ペンダントやタイタックの時は、平らで良いけど
指輪の時は、指のラインに沿って丸くしたいのですが・・・
丸みを優先させると・・・こんな感じに・・・



いや・・・絵で申し訳ありません。m(_ _)m ヒラニーヒラニー
リングの上に乗っける感じの・・・取って付けた感が出てしまうので
指のフィット感を少しだけ我慢していただいて・・・



こんな感じで作っていただきました。


ウチの職人さんは、中々の腕とセンスの持ち主です。

大切なジュエリーを「どう生かそうか?・・・」と迷ったら
是非、“ジュエル足立”にご相談ください。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ





  続きを読む


2021年02月16日

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ③

先週火曜日の、この連載ネタで書きましたが
「バンテリンドームになっても、広いまま・・・」
であることは変わりありません。

ただしそれは「今年は・・・」という事で、3~5年先は分かりません。
ホームランテラス待望論は、無視できない大きさになっています。
それと同じくドラゴンズへも、若手待望論が大きくなっていますが
まぁまぁの選手で、レギュラーが固まりつつあって
なかなか若手にチャンスが回って来にくい現状でもあります。


そこで、私が『某ラジオ番組』で採用された提案が・・・
【球場別スターティングオーダー】です。






  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │野球ネタ

▶コメントをする・見る(0)

2021年02月12日

『ダカフェ・高隆寺店』さんへ行ってきました。

今年の1月16日(土曜日)
「天赦日」「一粒万倍日」「天恩日」の吉日が重なる超大吉の日に
『岡崎市民病院』のチョット南に、鳴り物入りでオープンした
『ダカフェ・高隆寺店』さん へ行ってきました。




場所は、『岡崎市民病院』や『岡崎市民球場』の信号交差点の少し南。



店内から『市民病院』が見えるくらいのところです。
東名高速道路の『岡崎インター』から出入口の東側(豊橋方面)
最初の信号交差点を北側へ曲がった道沿いにあります。
『TOYBOX』さん を通り過ぎたら、すぐ右手に
『ファミマ』が現れますが、その向こう隣りです。



みなさんご存じでしょうが、一応ザックリと解説をしちゃうと・・・
岡崎市宇頭町にある、小さな食品スーパー『ダイワスーパー』
「フルーツかき氷」「フルーツサンド」などで、若者にバズり
食品スーパーでは賄いきれなくなった、若い層のお客さんに向けたカフェ『ダカフェ』を中之郷町にオープン。
そして昨年10月末に、『ダカフェ若松店』をオープンし
そのイキオイのまま『高隆寺店』をオープン・・・って流れです。

岡崎市内での『ダカフェ・3号店』ということは間違いありませんが
この3店舗、少しづつコンセプトを変えています。
上で書いた通り、若い方に向けたカフェなのですが
『ダカフェ・高隆寺店』さんの名物は・・・そば・・・でした。







  続きを読む


2021年02月09日

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ②

昨年末に、ナゴヤドーム名称がネーミングライツ(命名権)で
『バンテリンドーム ナゴヤ』と変わることが発表されました。



今年1月から5年間の命名権を買ったのは
名古屋市に本社を置く『興和 株式会社』



「バンテリン」以外にも「キャベジンコーワ」「キューピーコーワゴールド」
「ウナコーワ」など「〇〇コーワ」というネーミングの医薬品で有名です。


元々『ナゴヤドーム』は、ドラゴンズの持ち物では無く
ドラゴンズの都合で、球場レイアウトの変更はできません。
ただ、筆頭の太客なので、意向は重視されると思われますし
球場側も「ネーミングライツ資金」で、色んな事が出来ちゃうかも・・・
という未来は想像できますが、現状では・・・
「バンテリンドームになっても、広いまま・・・」
の球場を本拠地として、戦っていくのは変わりありません。

そうなると今年もドラゴンズは
『投手を中心とした守りのチーム』
になるんだろうなぁ・・・と予想できます。

そうなりと、やはり気になるのは、投手陣です。



  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │野球ネタ

▶コメントをする・見る(0)

2021年02月05日

岡崎市街で、“平泉 成”さんの声が聞こえる・・・。

ここ数ヶ月・・・たぶんこの年末年始。

「こちらは、岡崎警察です・・・。」

とボイスメッセージを拡散してるパトカーに遭遇します。

ただ、この声が、聞き取りにくいしゃがれたオッサンの声で・・・
広報としては、どうなんだろう? と思っていましたが・・・


あれ・・・この声・・・聞き覚えがあるぞ・・・そうだ!



“平泉 成”さんだ・・・。



ご存じ、岡崎市の「市民栄誉賞」を受けてる俳優さんです。
額田郡(現・岡崎市)出身で、私の母校『岡崎商業高校』の大先輩です。
この数年では、映画『シンゴジラ』の総理大臣臨時代理



という、誰もがなってみたい役職に
誰もなりたがらないタイミングで押し付けられ・・・任命されるという
悲哀に満ちた役柄が、凄くハマってた・・・と印象に残っています。





  続きを読む


2021年02月02日

『令和3年型ドラゴンズ』の期待と展望 ①

昨日から、プロ野球が解禁。
キャンプが始まり、令和3年のドラゴンズがスタートしました。




そんな訳なので、毎年恒例となっています
「野球を知らない【還暦ジジイ】が、今年のドラゴンズを予想する!」
を、火曜日連載で3回くらいに渡り、見切り発車したいと思います。


我らが『中日ドラゴンズ』は、2020年シーズンを
コロナ禍の影響で、大混乱し試合数も120試合に減った中
60勝・55敗・5つの引き分け・・・という成績で
8年ぶりのAクラス・3位で終了しました。

最も大きな原動力となったのが【大福マル】こと、この3人



向かって左から “祖父江 輔”・“ 敬登”・“ライデル マルティネス”
この3人が投げる終盤7・8・9 回の3イニングは、ほとんど無失点で
6回終了時にリードしていた試合において、37連勝を記録しました。


そこへ、先発投手陣の柱・・・沢村賞投手“大野 雄大”



ドラゴンズのエースだけでは無く、もはやセ・リーグの左のエースです。


今年から、名前が『ヴァンテリンドーム・ナゴヤ』に変わったとはいえ
球場は広いままです。
ドラゴンズの勝ちパターンは「守り勝つ」ということになりますから
2020年のゴールデングラブ受賞者の3人と、実質№1ショートを加え



この4人が守ってるのは、ドラゴンズの一番の戦力だと思います。

そして、長年の懸案だった【キャッチャー問題】も



解決にリーチがかかってる感じがしています。


モチロン、「これで優勝だ!」
と言えるほどの、楽観論者ではありませんが
「優勝を狙える!」
と言える戦力になってきた・・・と思っています。


そこら辺りの「安心理論」を連載していく予定です。(ゝω・) テヘペロ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


Posted by ジュエル at 09:30 │野球ネタ

▶コメントをする・見る(0)