ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

新旧の誕生石をまとめてみました

2005年10月15日

9月の誕生石 『サファイア』

以前からの9月の誕生石    サファイア です。



をご紹介させていただきます。


実は7月の誕生石、ルビー と同じ石なんです。

『コランダム』という鉱物の中で、赤いモノだけをルビー
それ以外の色のモノを、サファイアという名前で呼んでいます。

そんな訳で、サファイアは「青」だけではなく

多彩な色を持っています・・・が、名前の由来が「青い石」みたいな感じなので
基本の色を「青」としています。

また、誕生石が「色を見て決めている」ようなので
9月の誕生石は『ブルー・サファイア』だと思って下さい。


4月のダイヤモンド に次いで「硬くて丈夫」な石ですから
モチロン透明でキラキラした濃い青色が、品が良くて美しいので
やはり、非常に人気の高い宝石です。


情熱の赤:ルビーと、対極にある色で、サファイアの「青」
激しい感情の高まりや怒りを鎮め、知恵と勇気(自信)を与えます。

その辺りから派生したようで
「貞操のシンボル」や「魂を浄化」などのパワーがあると言われています。

-水瓶座-の『星座石』としてもご紹介しています。

落ち着いた色合いの割りに、若いお嬢さんに人気があります。
今日の合コンは「知的美人」で行こう・・・
とか考えてるお嬢さん。

もしかしたら、サファイアを身に着けて行くと
思わぬ成果が出ちゃうかも・・・知れませんよ。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2005年10月15日

9月のシン・誕生石・・・『クンツァイト』

9月のシン・誕生石    ・・・『クンツァイト』



をご紹介させていただきます。



4月の新しい誕生石『モルガナイト』と同じように
その石のピンク色のモノだけを『クンツァイト』と呼んでいて
その中でも、透明度の高いモノが、宝石店に並びます。

写真の色は、かなり濃くてど真ん中のピンク・・・っぽいのですが
一般的に『クンツァイト』の色は「ライラックピンク」と言われてる通り
紫がかったピンクが中心のようです。

硬さも、メノウ~水晶 くらいの硬さなので
やさしい輝きをしてるようです。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ







  


2005年10月15日

10月の誕生石 『オパール』

以前からの10月の誕生石    オパール



をご紹介させていただきます。


『オパール』 という宝石は
これまで紹介した宝石とは違い、独特の個性を持った宝石です。

よく例えられるのが、金魚鉢 です。


透明~半透明の天然石の中で「斑(ふ)」と呼ばれるカラフルな模様が
現れたり消えたりします。
さっきココにいた金魚が、いなくなったと思ったら、別の所に現れる・・・
そんなイメージと、ガラス鉢のような、脆さ弱さがあるので
そう例えられたと思いますが、的を射てる・・・と思っています。


モチロン天然の石ですから、ガラスのように風化で曇ってくる程
柔らかい訳ではありませんが、ダイヤやルビーのような強さは無く
落とせば割れますし、意外と簡単に小さいキズは入ります。

この不思議な美しさと、繊細な脆さ
他の宝石と全く違う、オパールの特徴です。



オパールは、大きく分けて3種類。
スタンダードな『オーストラリア・オパール』


ベースカラーが乳白色で、価格もお手ごろです。

逆に、ベースカラーが黒いオパール

『ブラック・オパール』です。
非常に気品のある色合いで、価格もお高くなります。

最後に『メキシコ・オパール』

これこそまさに、金魚鉢 です。
透明感が高く、水の中の金魚のようなイメージです。

この透明感の高さのまま
全体的に水色が入ったモノを『ウォーター・オパール』
赤やオレンジ色がベースカラーだと『ファイアー・オパール』と呼ばれます。


名前の語源は「OPALUS」で
ラテン語の「宝石」を表す単語だそうです。

華やかさ・美しさを考えると、まさに「宝石」の頂点かもしれません。

ただ、通常では考えられない「色の現れ方・消え方」をする為
『人の心変わり』・・・つまり『浮気心』を招く・・・のように
悪く言われることもありますが、逆に
色の複雑な変化から「創造性・インスピレーションを呼び起こす」など
個性が必要な、クリエイティブな仕事の助けになるかもしれません。

これは以前、-天秤座-の『星座石』としてご紹介したときにも触れていて
リスクはあるが、天秤座の性格なら「使いこなせる」と思われています。
もしかしたら、同じ理由で『AB型』の人もOKかもしれませんね。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2005年10月15日

10月の誕生石『トルマリン』

以前からですが、比較的近年になって
10月の誕生石に加えられました     トルマリン




をご紹介させていただきます。



写真のような、ど真ん中の緑色を代表として
多くの色を持っています。
その中でも当初は、リーズナブルで人気のあるピンク色の
ピンク トルマリン を、10月の誕生石として発表していました



この写真で言うと、一番下の段。ピンク色のモノです。
(※ 上2段は、赤色に属し ルベライト という名前に変わります)


実は、『6月の誕生石』も同じ様な理由で誕生石が増えたんですが
10年以上前から「結婚指輪の内側に誕生石を埋める」ことが流行ってて
真珠のような「球体」は、埋め込むのに不向きでしょうし・・・
オパールのように「脆くて色の出入りを見失いがち」なので
双方に、淡い色の石を加えていった・・・と、推測しています。


逆に、別格にキレイでお高い『パライバトルマリン』という
「蛍光塗料の青」と称される色のトルマリンもありますが
そのお話は、別の機会に・・・。

ちなみに『トルマリン』は和名で『電気石』と呼ばれていて
石自体に電気を蓄えているらしく、PCなどが発する・・・
身体に有害な【電磁波】を吸収してくれる・・・らしい って噂です。

当時、流行ったのが・・・「トルマリンゴ」

に代表される、防・電磁波グッズです。
そんな訳で、トルマリンの粉末を混ぜてリンゴの形にしたり
布団やら色んなモノに混ぜて、売ってたりしてましたねぇ・・・。
┐(´∀`)┌ ヤレヤレ、マイッタネ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2005年10月15日

11月の誕生石 『トパーズ』

以前からの11月の誕生石  トパーズ 




をご紹介させていただきます。



『ブルートパーズ』など、様々な色を持った石ですが
代表は「黄色」で、和名も『黄玉』と言いますから
パワーストーン的な話のときは「黄色」のパワーと考えています。

『トパーズ』の名前の語源は「探し求める」だそうです。
これは、この石が採れる島々が、霧に隠れて見つかりにくかった所から
その島々・・・そしてその石に、「トパーズ」という名前が付いたようです。


そんな訳で「真実(愛や友情)の追求」「探し物が見つかる」などの
お守り的に扱われることもあるようですが
「黄色」が、癒しの色 らしく
「傷付いた心を安らげる」「不安を取り除く」「安眠の助けになる」
というパワーの方が、有名なようです。


『トパーズ』は、「赤みがかった黄色」
「多少の色むら」があり、「高価」なので、
「スタンダードな黄色」「色むら」も殆ど無く、「安価」
『黄水晶』を『シトリン・トパーズ』と命名し
11月の誕生石として、そちらをオススメしちゃっていまして
本物の『トパーズ』を、わざわざ『インペリアル・トパーズ』と呼ぶようになりました。

どちらにしろ、色のパワーは同系統の事を言われていますが
やはり、本物の『インペリアル・トパーズ』と呼ばれる石の方が
力を持っているような気がしますねぇ。


ちなみに-蠍座-の『星座石』としてもご紹介していますが
残念なことに、蠍座の方の大半が「11月生まれ」なんで
誕生石から逃げて、星座石を頼ったのに・・・
同じ『トパーズ』だったりするんですよね・・・。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ


では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2005年10月15日

11月の誕生石 『シトリン』

以前からの11月の誕生石  シトリン 



をご紹介させていただきます。


和名は『黄水晶』で、その名の通り・・・水晶です。
誕生石が「色を見て決めている」という事もありますが
元々、『トパーズ』の代用品として『シトリン』が用いられていました。

先の記事『トパーズ』でも書きましたが

『トパーズ』は、「赤みがかった黄色」
「多少の色むら」があり、「高価」なので、
「スタンダードな黄色」「色むら」も殆ど無く、「安価」
『黄水晶』を『シトリン・トパーズ』と命名し
11月の誕生石として、そちらをオススメしちゃっていますねぇ。



では、また。(^0^)/~~ バイバイ




  


2005年10月15日

12月の誕生石 『ターコイズ』

以前からの12月の誕生石   ターコイズ(トルコ石)



を、ご紹介させていただきます。



トルコ石と呼ばれてる頃は、非常に人気が薄く
「ほら、誕生石・・・ってピンからキリまで色々あるでしょう」
と、言われる時の「キリ」を担当していました。(笑

元々「非常にキレイな空色」なのですが、不透明でわやらかい
といったところが、宝石としての人気が上がらない原因かと思います。
それ以上に、上の写真のような、ツルっとしたモノは
プラスチックなどの「イミテーション」と区別がつきにくいので・・・



この写真の下2つの石に入っている、独特の網目模様・・・
の方が主流とされてた頃は、美しさを阻害しちゃうので
おススメする側も、もう一つテンションが上がりませんでした。


ところが近年『ターコイズ』と呼ばれ、アパレル業界から人気が上がり
とうとう“初音 ミク”の髪の色に採用される存在に至りました。(ウソ)



ちなみに『星座石』では 乙女座 の守護石とされています。



では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2005年10月15日

12月の誕生石 『ラピス・ラズリ』

以前からの12月の誕生石   ラピス・ラズリ




を、ご紹介させていただきます。



『トルコ石』が、まだ人気が出る前、代わりに現れたのが
『ラピス・ラズリ』 です。


夜空を思わせる「紺色」の中に「星」が散りばめられているようです。

ただ、こちらもパッとしなかったのですが・・・。
『トルコ石』の代わり・・・というポジションを意識し過ぎたのか?
「青空」を「夜空」に変えただけで、不透明でわやらかいのは同じ・・・
といったところが、パッとしなかった原因かと思います。

いや、好きな人は好きなんで、良いのですよ。


石としての歴史も古く、世界中で「聖なる石」とされ
日本でも「瑠璃石」と呼ばれ、幸運のお守り・・・とされていました。



では、また。(^0^)/~~ バイバイ





  


2005年10月15日

12月の誕生石『タンザナイト』

以前からの12月の誕生石   タンザナイト



を、ご紹介させていただきます。



15年近く前、『タンザナイト』
12月の誕生石の仲間に入り、人気を博しています。

やっぱ、ジュエリーは「透明でキラキラしてる」方が楽しいです。
今では、「12月の誕生石はタンザナイト」って思ってる方も多いです。


チョット赤みがかったサファイアみたいな色をしていますので
サファイアの代用石・・・みたいなポジションだった頃もありますが
今では、「12月の誕生石のタンザナイト」と、認知されています。

東アフリカのタンザニア連合共和国で発見されたことを踏まえ
“ティファニー”が「タンザニアの石」みたいにネーミングしたそうです。
モチロンこれは“ルビー”や“サファイア”などと同じ、商業用の名前で

本名・・・というか鉱物名は『ゾイサイト』
業界内でも“タンザナイト”を「ブルー・ゾイサイト」って呼ぶ方も多いです。

ちなみにこの ゾイサイト・・・って名前なんですが













アニメ・セーラームーンの『最初の妖魔の名前』なんです。 泣;)

モチロン、鉱物の名前の方が先ですけどね。



では、また。(^0^)/~~ バイバイ



  


2005年10月15日

12月のシン・誕生石・・・ジルコン

12月のシン・誕生石   『ジルコン』



をご紹介させていただきます。



色の種類が豊富にある、透明な美しい石です
写真だけ見ると、カラーストーン って感じに見えますが
最もポピュラーなモノは、無色透明で
ダイヤモンドの代用品・・・として、認知されています。

そう書いてしまうと『キュービックジルコニア』と勘違いされそうですが
『ジルコン』は天然石で、『キュービックジルコニア』は化合物・・・
つまり人工的に作られたモノなので、全く別のモノだと思って下さい。


そんな訳ですから、『ジルコン』はキレイでカラフルな石ですし
硬さも『エメラルド』に近いので、ハイクラスのジュエリーなのですが
人口のイミテーションと混同されてるのか?
人気がイマイチな気がします。

今回、誕生石に組み入れられたのをキッカケに
人気が出てくれるとウレシイですね。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪


では、また。(^0^)/~~ バイバイ