ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › ダイヤモンドの表話 › カラーのざっくばらんな説明
2009年07月31日

カラーのざっくばらんな説明

発掘されてるダイヤモンドの6~7割はコゲ茶色だそうです。
でも宝石のダイヤといえば 無色・透明 ですよね?
と言う訳で、やはり無色のダイヤは良い(キレイ)だけではなく
希少価値も高いって事です。

カラーグレード(色の評価)は、Dカラーから始まりE・F・Gと進むにつれ
徐々にコゲ茶色に向かって黄色みを増して行きます。
そんな中、各鑑定期間共通の意見として
「Fカラー以上は無色」「G・H・Iはほとんど無色」と言っています。

その辺りを踏まえてのお勧めは

最高を求める“婚約指環”
「Fカラーあれば充分。
 場合によってはGカラーまでは、肉眼で黄色みが
 分からない から、自信を持ってお薦め出来ます」


そこまで望まない(質より大きさ?)方は
「H・I カラーなら正面からは無色
 にしか見えないので、充分お薦めです」


ゴールド枠に留めるのなら・・・
「もう少し黄色みが強くても
 廻りの金色が写りますから気にならないですよ」


あくまでも、ジュエル足立の規定というか価値観ですから
世界共通という訳ではありませんが、1ランクで1~2割お値段が変わる
事を踏まえて、ご予算との兼ね合いでお薦めしています。


P.S. この評価は「コゲ茶色に向かって黄色くなって行く」部分での評価で「キレイな黄色へ向かって行く」のはファンシーカラーという別の評価になります。

その中でもピンクやブルーはめちゃめちゃ高額になったりしますが
ピンク以外は着色でキレイなモノを作れちゃったりするので
身近で高額なのはピンクダイヤという事になります。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ




「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(ダイヤモンドの表話)の記事
王様のお守り
王様のお守り(2009-08-03 07:44)


この記事へのコメント
頑張ってますね!

拝見していて気がついたことです・・・。
PSの部分の黄色の文字は白地背景だとほとんど判別できません。
(歳のせいもあるとも思いますが・・・。)
背景を変更されるか文字色を変えた方が下ろし以下と思います。

お節介まで・・・・。
Posted by カメラ小僧カメラ小僧 at 2009年07月31日 09:44
すいません!アドバイスしておいで誤変換でした。

下ろし以下と思います。→よろしいかと思いますでした。(恥)
Posted by カメラ小僧カメラ小僧 at 2009年07月31日 09:45
“カメラ小僧”さん、コメントありがとうございました。
&レスが遅くなって申し訳ありません。m(_ _)m ヒラニーヒラニー

黄色の文字、やはり見にくいですね。
お互い接客業ですから、そこら辺は気を使わないと・・・。
送球に直します。ありがとうございました。

> 頑張ってますね!

ありがとうございます。m(_ _)m ペコリ
ちなみに、月・水・金 とキチッと記事を出してるので、そう見えますが
実はここが支店なので・・・本店(去年1年間やってました)からのコピペが殆どですから、大して頑張っては・・・ないんですぅ。f(^^;) ポリポリ

何とか、日にち(ってか月)をまたがずに返事が出来て良かったです。(^。^;)ホッ

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by ジュエルジュエル at 2009年07月31日 23:56
こんにちは、“ジュエル足立”です。

ひとりボケ&ツッコミ です。

色を直すのに手間取り、早急に直す予定がこんなに遅くなっちゃったのはイイとして・・・。

「早急に直します」が「送球」になっちゃってました・・・。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by ジュエルジュエル at 2009年08月01日 11:12
あっ!!
ぜひお伺いしたいことがあるんでした!今更ですが。

あのー、某宝石点さんに婚約指輪を買いに行った時、
"ダイヤモンドは直接手で触らないでくださいねー。
脂分を吸収しちゃいますからー。"って言われました。


ええっ!?"ダイヤモンドは永遠の輝き"ちゃうかったの!?
そんな簡単に劣化?してもらっては困るんですが。
ってちょっと騙された気分になりました。
実際の所、どうなんでしょう?
Posted by たろたろ at 2009年08月02日 00:41
“たろ”さん、コメント(ご質問)ありがとうございました。

安心して下さい。ダイヤモンドは永遠の輝きですよ。<(`^´)>エッヘン

たぶん説明された方が新人さんで、説明のニュアンスが上手くないか
勘違いして覚えてたんでしょうね。

ダイヤは油分と『非常に仲良し』なところがあって、直接手で触れると、1回につき『サランラップ1枚』程度くもってしまいますが、初歩的な「超音波洗浄」で元の状態に戻ります。

製品になってるダイヤは「基本、劣化は0%」と思って頂いても、OKですよ。V(^0^)

またタイミングを見て、もう少し詳しく記事にしようと思います。
記事のネタをありがとうございました。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by ジュエルジュエル at 2009年08月02日 09:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。