2009年06月19日

我田引水

前回に続き、婚約指輪の話をします。
しかも今回は『我田引水』の非常にやらしい話になります・・・。

CMのコピーで
「ダイヤモンドは永遠の輝き」なんて言ってるのを
ご存知の方も、少なからずおみえになると思います。

地球上で最も 硬くて丈夫 なダイヤモンドは、製品になった状態であれば
「後からキズがつく」心配をほとんどしなくても良いモノです。

「輝きが落ちたぁ~」と感じたとしても
ほとんどが汚れてるだけで、無料クリーニングで新品に戻ってしまいます。

だから、永遠の愛の証として相応しい
贈り物として選ばれますし、オススメもしています。


ただし現状は、前回の記事でも書いた通り
「婚約指輪なんて、皆はめてないじゃん」なんて言われちゃったりするので
「使わないモノなんかより、私○○のバッグが欲しいのぉ」 とか
「婚約指輪の代わりに、前から欲しかった『ペアの腕時計』を買いましょう」
なんて話になっちゃってるカップルも多いと聞きます。

選択肢としては、それも有りなんでしょう。

ただ、新婚旅行先でチョ~シに乗って買った『ペアの腕時計』を
1ヶ月で落として壊した 過去がある私から言うと・・・。
ウチのカミさんの(当時、唯一の)『ブランドのバッグ』に
味噌汁こぼして使えなくしちゃった私から言うと・・・。

永遠の愛の証は、寿命があったり流行があったりするモノよりも・・・
永遠性 を持ったモノが良くないですか?

\(^_\)ジブンノシッパイハ(/_^)/コッチニオイトイテ


ね?自分勝手な言い分だったでしょ?


では【我田引水】な話の中でも、もう少しマトモな話をしますね。

そんな訳で、地球上で一番 硬く・丈夫 なダイヤモンドは
キズ付く心配が無く、変質・変色の無いモノですし
あらゆる薬品などにも浸食されない強さを持っています。
つまり、ダイヤモンドの存在自体が、不変 なモノなのです。

そんな事から、男性が愛する女性へ、プロポーズに合わせてダイヤを贈るのは
「あなたに対する僕の愛は、永遠に変わりません」
という、男性の 決意表明 のようなモノだと思っています。

だから、そのダイヤモンドを
その指の血管だけが、ハート(心臓)に直接つながっていると
言われている、左手の薬指 に留めておけるように
指輪と言う形にして、プレゼントするモノだと・・・

宝石店は、自分勝手に思っているんですよ。


そんな訳ですから、婚約の証として
「ダイヤを贈ることが大切。値段で愛情を計るものでは無い」
ってところも、合わせてご理解いただけると、ウレシイですね。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ





「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(ダイヤモンドの表話)の記事
王様のお守り
王様のお守り(2009-08-03 07:44)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。