ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 野球ネタ › 『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣
2018年12月11日

『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

かつて『投手王国』と謳われた『中日ドラゴンズ』投手陣は
防御率が、4.36・・・なんと、セ・リーグ最下位の成績で
2018年シーズンを終了しました。

そんな中、追い打ちをかけるように、衝撃のニュースが飛び込んで来ました。

『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

今年、1年に限って言えば、ドラゴンズのエース。
投手陣の中で、唯一の「規定投球イニング」と「2桁勝利(13勝)」を
達成し、防御率:2.99 はセ・リーグ4位の成績です。

この穴を、誰がどう埋めるのか?
心配してる方は、多いと思いますが・・・大丈夫。

外国人は、出入りが激しいので、よくある事ですし
去年の今頃の“ガルシア”評は、たいして大きくなかったんです。
(結局【血行障害】で帰国した“ジー”投手が、話題の中心でした・・・)
そして、代わりに入った“ロメロ”投手

『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

が、先発でどうやらイケそうな感じです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪




冷静に見てみると、若い(来季)3年目の2人
『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

向かって、左が“笠原 祥太郎”くん。右が“藤嶋 健人”くん。
この2人の、後半の安定感は、ハンパ無く・・・
ケガさえ無ければ、間違いなくローテーションの椅子を獲るでしょう。

ここに、“吉見”・“松坂”のベテラン2枚が入って来れば
席は、あと1つしか残っていません・・・。

候補は、ケッコウいます。
『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

この中から、2人・・・ローテーションに入ってくれれば
上の5人の内、1人くらい間に合わなくても大丈夫です。
(実際には、個人的に3人はマジで期待しています)

そして、交流戦あたりには・・・今年の開幕投手
『NEOドラゴンズ』の期待と展望⑥・・・砂城の投手陣

が、帰ってきます。

誰が何勝できる・・・なんて話は、野球に詳しい方にお任せしますが
ドラゴンズは、143試合・どうゲームを作るか?
という【型】があれば何とかなる・・・と思っています。


まぁ、後半のリリーフ陣・・・次第ですが・・・。

来週は、そこら辺りのお話しをしたいと思います。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ






「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(野球ネタ)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。