ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 康生商店街へのお誘い › 三河のお店、ご紹介。 › 『正長刃物店』さんへ行ってきました。
2017年10月22日

『正長刃物店』さんへ行ってきました。

八百万(やおよろず)の神 -Wikipedia-より

自然のモノ全てには神が宿っている」という考え方。
 日本では古くから、山の神様、田んぼの神様、トイレの神様(厠神 かわやがみ)
 台所の神様など、米粒の中にも神様がいると考えられてきた。
 自然に存在するものを崇拝する気持ちが、神が宿っていると考えることから
 八百万の神と言われるようになったと考えられる。…以下略。



世界に通じる日本語のひとつ、「もったいない」 という言葉は
ここら辺りの宗教観から来ているのかもしれません。

モチロン、何でもかんでも「捨てられない」と固執しちゃうと
【ゴミ屋敷】一直線になっちゃいますが
「買った方が早い」「値段も変わらない」
って場合でも、直して使えるモノを買い替える・・・のは
やはり、「もったいない」と思いますよね。

これは、金銭的な意味ばかりではなく
そのモノに宿る‟神様”に対し「申し訳ない」気持ちの表れだ・・・
と、個人的には、思っています。





ウチのカミさんは、独身時代に『生け花』をかじってたらしく
品の良い立ち振る舞いや、価値観や考え方がきちっとしてるのも
そこら辺りで培ったモノではないか?と想像しています。

そんな彼女が、捨てられないでズ~っと使ってる『生け花用のハサミ』



この写真でも分かってしまうほど、随分と刃こぼれもしていますが
愛着があり、使いやすさも気に入ってるのでしょう。
近所の『刃物屋』さんで、磨いて・・・いや、ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
研ぎなおしをして頂くことになったんで・・・

『UFJ銀行』の交差点を東に入ったところにある『正長刃物店』さん



へ行ってきました。



まず、店内。



当たり前ですが、刃物類全般を売っています。

誰もが思い付く「ハサミ」や「包丁」だけじゃなく
「農機具」のような業務用から「ナイフや爪切り」などの身近なモノや
「おろし金」とか「便利グッズ」まで、ケッコウ幅広く扱ってみえます。

実はカミさんが、春に『正長』さんで、包丁を買わせて頂いたのですが
「切れ味が凄い!」
・・・と、絶賛していました。

やはり、非力な女性が使う刃物は、小さい力でキレイに切れると
出来栄えだけじゃなく、安全面でも良い事なんだ・・・と実感しましたね。

さて、本題。
“ジュエル足立”と一緒で、家族でやってるお店なんで・・・
研いでる職人さんは、息子さんだったりしました。



モノにもよると思いますが、ウチのハサミは
1週間ほど預けて、¥1,000+税・・・でした。

出来上がりは、こんな感じです。



刃こぼれがキレイになってるのはモチロン
ハサミですから、かみ合わせ?も非常にイイ感じで・・・
「シュ~」・・・「パチン!」・・・って感じです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪

まぁ、使うのはウチのカミさんですから、評価はこれからですが・・・

まぁ、プロの職人さんの仕事は、レベルが高いです。





正長刃物店




住所:岡崎市連尺通 1-7
TEL 0564-21-2313 (FAX 0564-21-3236)
定休日:木曜日 + 第4水曜日
営業時間:9:00~19:00
駐車場:お店の裏(北側)に2台あります。






「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(康生商店街へのお誘い)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。