ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 野球ネタ › 兼任監督の苦悩。その3.
2016年12月01日

兼任監督の苦悩。その3.

イロイロ重なって、お休みしてましたが
今日も、ザックリです。(ゝω・) テヘペロ


今年の8月に解任された“谷繁”監督は
「実は、1年契約だった・・・」と明かしましたが
世間で有力だったのは

「4年契約で、最初の2年は、選手兼任。
 3年目から、監督専任になる。」


という説で、今年「専任監督としての1年目」だったとしても
2年間の「兼任監督」経験があるので
今季が「勝負の年」であった事は、初めから言われていました。


そこで、「抑え投手」「4番打者」「左の先発投手」を期待できる
3人の外国人選手を獲得し、2016年シーズンに臨みました。




残念ながら、「抑え投手」候補は、空手形に終わりましたが
後の2人は、来季もドラゴンズと契約するらしいので
失敗では無いと思っています。


ただ・・・“谷繁”監督は、
「持ってない」人だったかも知れません。






“谷繁”監督は就任以来

「チームの方針は、【守り勝つ野球】
 0点に抑えれば、負けることは無い。」


と、おっしゃって来ましたが、現実問題

「6回までは、どんな内容であっても
 勝ってる・・・か、競り合ってる状態に持ち込み
 ラスト3イニングを、無失点で乗り切る」


という意味だという『推論』を展開してきました。
つまり、6回までは「得点を挙げる」ことを重要視する。ってことです。

実際に、スタート時は良かったのです。
その象徴が、4番に入り大爆発した、“ビシエド”選手。



そして、開幕サードを勝ち取り、結果も出していた“周平”くん。




加えて、今年から、キャプテン制度を復活させ
打の中心“平田”選手をキャプテンに、
投の中心“大野”投手を選手会長にして
リーダーとして、チームを引っ張ってくれる事を、期待しました。




チームが「好スタート」を切る中
4月5日に、“平田”選手が、ケガで登録抹消。
4月15日には、“大野”投手も抹消されています。

そして、GW突入してすぐ、“高橋 周平”選手が、疲労骨折・・・。

その辺りから、“ビシエド”選手のバッティングがオカシクなり・・・。

それでも、5月末からの『交流戦』前までは
貯金もあって、セ・リーグ2位だったんです・・。



今日は、ここまで。
来週は、先発投手についてです。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ







「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(野球ネタ)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。