ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 野球ネタ › 兼任監督の苦悩。その4.
2016年12月08日

兼任監督の苦悩。その4.

『クオリティ・スタート』 Wikipedia より・・・

クオリティ・スタート(Quality Start、QS、「良好な先発」)とは
野球における投手の成績評価項目の1つ。
先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内に抑えた時に記録される。
QSを上回るハイクオリティスタート(High Quality Start、HQS。
7イニング以上を投げ、かつ2自責点以内で抑える)
という指標も提唱されている。



あくまで私の勝手な「推論」ですが
"谷繁"監督のゲームプランの前半は
「6回まで、試合を作る」こと・・・としていましたので
この『クオリティ・スタート』がとても重要になってきます。

今シーズンのドラゴンズの先発投手陣は、どうだったのか?
8月9日の、「休養発表」以降は、別の思惑が絡みますので
その前までの、104試合を見てみました。





開幕ローテは、実質この6人。



(※ 開幕5戦目と6戦目に先発したピッチャーは、2回目の先発が無いので・・・)


約1ヶ月後には、この中の4人が『先発ローテ』から消えます。
と言っても、3人はケガなので、後に復帰しますが・・・。

結局、104試合の時点で、10試合以上先発したのは・・・



5人でした。

クオリティ・スタートの割合を見てみました・・・。

“大野”・・・83%
“若松”・・・58%
“バルデス”・・・69%
“吉見”・・・61%
“ジョーダン”・・・63%


この5人が先発した73試合中48試合(約2/3)は
6回までを「自責点3点以内」に抑えていて
『ゲームプランの形』には持ち込んでいましたが・・・

如何せん、相変わらず「得点力」は、不足しています。
そこで、ハイ・クオリティ・スタートの割合を見てみました・・・。

“大野”・・・67%
“若松”・・・42%
“バルデス”・・・46%
“吉見”・・・29%
“ジョーダン”・・・53%


7回までを「自責点2点以内」に抑えていたのは
73試合中34試合(半分弱)に、なってしまいました。


今シーズンのドラゴンズは
「打撃陣が、あまり得点できず」
「投手陣が6回までに、3点以上取られる」


このパターンで、負け試合を積み重ねて行った・・・と、言わざるを得ません。

では、来シーズンは、どうか? と言うと・・・

希望は、見えていますよね? ((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪



来週からは、来シーズンに向いた話にしたいと思います。


では、また。(^0^)/~~ バイバイ








「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(野球ネタ)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。