2016年05月24日

4.5 × 3.5 cm の“フェルメール”

模写・・・Wikipediaより
 美術において、他者の作品を忠実に再現し、あるいはその作風を写し取ることで
 その作者の意図を体感・理解する為の手段、方法。
 またその行為によって生み出されたもの。
 ただ単にその作品をそっくりに複製する手法は転写であり模写ではないとされる。



1ヶ月と3週間ほど前の、4月4日(月曜日)
全国ネットのテレビ番組『めざましテレビ』のMORESEVEN
岡崎の画家の作品が紹介されました。


 ※ デカい10円玉じゃないですよ。絵が小さいんです・・・。

番組でピックアップされた作品は、ミニチュアの絵画。
特に、有名な絵画の模写を中心に紹介されたようです。

彼の名前は、“岡田 昌也”氏。岡崎在住のプロの画家さんです。

実際に見てみると、コピーや印刷物と違い
プロの画家が、実際に描いている・・・という迫力が伝わって来ます。

と言っても、作品がミニなので・・・小さく伝わるのかもしれませんが・・・。


そんな画家さんの作品なんて、どこに行けば見れるのか?と思ったら・・・
ウチから100m程度、北に行ったところ・・・


『サンアベニュー』ビルの1階。
向って左側の『ARTLINK GALLERY』さんで
個展をやってました・・・。w(゚o゚)wワオ!!

モチロン、入場無料 で、作品購入 も出来るようです。






実は、この手のひらサイズの絵画は
オリジナルの作品の方が主・・・なんですが
そこは、芸術に関する知識もセンスも希薄なので・・・
とりあえず、有名な絵に向かいます・・・(ゝω・) テヘペロ



“フェルメール”画伯の『青いターバンの少女』の写真です。
(『真珠の耳飾りの少女』と呼ばれる事も多い作品です)
ザッと、縦:4.5 cm × 3.5 cm で、額まで手造りだそうです。


実写だと、こんな感じですね。



小さくても本物の絵画なので、価格も1~2万円とかしちゃいますが
既に、海外からの注文も多数入ってるそうなので
安い・・・って言えば、安いんでしょうね。

逆に、¥500の『猫カード』・・・なんてのもありました。


チッチャイので、虫眼鏡で、拡大して見れるようになっていますよ。
今月29日(日曜)まで、やっています。



「岡田 昌也」展




住所:岡崎市本町通 1-12 「サンアベニュー1階」
℡:0564-25-8755
日時:29日(日曜まで)
    11:00 ~ 19:00
定休日:会期中無休







「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(康生商店街へのお誘い)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。