2014年01月09日

指輪のサイズ直し。

ジュエル足立で扱っている金属は、「貴金属」と呼ばれるモノで
基本的には『金』と『プラチナ』という金属です。

取扱い商品の中に『銀製品』も含まれますが
基本的に、『銀』は専門外であり
申し訳ありませんが、少し【格下】に見ていることは、否定できません。

前にこのブログで「金」と「銀」の価格的な比較をしたことがありますが
それ以前の決定的な違いがあるのを、ご存じない方が案外おみえになります。

それは、直す というところです。

お洋服でもそうですが、自分の体型や好みに合わせて
丈を直しますよね?

例えば指輪も、はめる指のサイズはバラバラですから
『金』や『プラチナ』のモノの場合、1/4(四分の一)号単位で
サイズを調整していますが、『銀製品』は
「偶数号のみ」「奇数号のみ」のような感じで
1号飛ばしでしかご用意していないところがケッコウ多くあるようです。

ですから『銀の指輪』のシステムに慣れている方は
1/4(四分の一)号単位で、サイズを計らせて頂くと
ビックリされる方も、少なくありません。

この、直す という行為は、スタートの快適さだけではなく
その後も、末永く快適に使って頂けることも意味しています。


今日は、その【指輪のサイズ直し】が、どんな感じなのか?お話しします。



ブライダルなどの、お若いお客さまだと
「指輪のサイズは、直らない」・・・と思っている方はモチロン
「伸ばして大きくは出来るけど、小さくは出来ない」とか
その逆で、「大きくは出来ない」って思ってみえる方もあります。

まず、一番多くの方が希望される 『大きくする方法』

よく言われるのですが
「指輪を伸ばす(大きくする)と、薄くなっちゃうでしょう?」

いや・・・お餅のように伸ばしてる・・・
 訳ではありません。

指輪は、正面の反対側を切って、サイズを直します。


下の写真のように

1ヶ所切って、快適な大きさになるサイズまで広げて・・・

そこに、金やプラチナを挟み込んで・・・


「ロー付け」と呼ばれる、溶接のような作業でくっ付けて・・・



仕上げをすれば、ピッカピカ。


反対に、 『小っちゃくする方法』は、逆なだけで


不要な分だけ、切り取って・・・小さくして
ロー付けをして、仕上げちゃいます。



デザインなどの関係で、直せないモノもあるのですが
ほとんどの指輪が、「直しながら使い続ける」つもりで作られています。

サイズが変わったのに、
「不快なままはめている」・「はまらないから、しまったまま」
では、モッタイナイです。

お直しをして、快適に使いませんか?

ちなみに、お代金ですが・・・
小さくする方(切る & ロー付け)が、¥2,000前後です。

大きくする方は、金なりプラチナなどを、足して大きくしますので
その量によって大きく差が出ます。

大雑把に言いますと・・・。基本料金¥2,000プラス
2番大きくすると、金で@¥700 × 2・・・
プラチナですと、@¥1,000 × 2・・・
が、だいたいの目安(お見積もり)です。

他店のモノでも、OKですよ。(^0^)V


では、また。(^0^)/~~ バイバイ






「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(『ジュエル足立』の基本料金)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。