ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 三河のお店、ご紹介。 › 『岡崎まぜめん』レポート › 『キブン デ サチオ』さんの 《まぜめん》
2013年09月21日

『キブン デ サチオ』さんの 《まぜめん》

前に『岡崎まぜめん』カテゴリでも紹介していますが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。
・・・って、一昨日のブログ記事で、同じ出しで書いてますので、略します。


さて、その『岡崎まぜめん』を、発信し(お店で出し)てるチームには
神セブン と呼ばれる 5人の男たち がいまして・・・


今回は、その中のお一人が、ウチの次男のお友だちのお母様の・・・
お知り合いだと言うので、そのお店に行って来ました。

このお方のお店です。 (゚゚;)☆\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ

え? どこの誰だか分かりませんか?
ちなみに、この似顔絵の作者は、この番組のこのお方です。



日曜日の夜10時半から、中京TVでやってる『PS三世』と言う番組の
メイン司会者、“高田 純次”画伯 の作品で、9月8日に放送されました。


   
本来、コレがコチラのお店の『まぜめん』なのですが
今回は、『PS三世』と『トリエンナーレ』の特別スペシャルまぜめん


こちらを大人・子供合わせて12人で、食べてきました。

基本、『ちゃぶ台』をみんなで囲んで食べる、昭和な出で立ちです。



どこがスペシャルか・・・って言うと、通常版と違って
和(八丁味噌)と、洋(カルボナーラ) コラボまぜめん です。

まず麺から違います。

コシがしっかりして、もちもちの太麺・・・。


特製ダレに生クリームを投入。


水菜とミニトマトをトッピングして


味付けしたひき肉と『岡崎まぜめん』の象徴:八丁味噌ダレをかけて


半熟タマゴとシュレッドチーズで、カルボナーラに仕上げます。

以前から、評判は聞いていたのですが、さすがに美味いです。

そして、〆に

ご飯を投入。 この発想は、「男」&「ラーメン屋」ならではでしょうか?
刻みネギも効いてて、メチャメチャ大満足でした。


お店の場所は、コチラ

店名は『氣分で.ロバート・コンラッド』・・・ではなく


『キブン.デ..サチオ』
岡崎市松本町2-6 2F
TEL 0564-22-2267
定休日:毎週月曜・第1日曜  ※日曜はランチのみ営業
営業時間:11:00~13:50
     18:30~22:30   ※スープなくなり次第終了
駐車場: お店から50~100m南に行ったところに、専用駐車場がありました。


ちなみに、お店はメチャメチャ分かり難いです。
昔『元能見公設』があった辺りの、真向かいの路地に入った所で

『岡崎まぜめん』の赤いのぼり(旗)を見つけましょう。

その壁伝いに数歩進むと


とても、怪しげな階段を・・・、勇気を出して登ります。
そして、もう1度、勇気を振り絞ってドアを開けたら…そこは
『サチオ・ワールド』です。

大丈夫。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン 
ホントに怖くないから・・・。  (*^。^*) テヘペロッ

では、また。(^0^)/~~ バイバイ








「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(三河のお店、ご紹介。)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。