2003年12月23日

その1-2

『ブラウンダイヤモンドは
 豊かなトーンバリエーションを誇ります。』


魅惑的な光を放つ褐色の宝石、ブラウンダイヤモンド。
その色は、実はひとつだけではありません。
淡いブラウンから濃いブラウンまでの
豊かで繊細な トーンバリエーション があります。

その1-2


これらのうち「白に近いごく淡いブラウン」が最も産出量が多く
逆に少量しか採れないのが「ファンシーダークブラウン」などの
ディープカラーです。
つまり濃い色のブラウンダイヤモンドには、希少性もあるといえます。

その1-2



ブラウンダイヤモンドは、いちばん淡いブラウンといちばん濃いブラウンでは
同じ仲間でありながら、驚くほど表情も印象も異なります。
この多様性が、ブラウンダイヤモンドの最大の魅力といわれていますし
それを「どう引き出すか?」がデザイナーのセンスにかかっています。

その1-2


「粋な」「洒落た」・・・
大人の美意識を表す、そんな言葉がこの宝石には似合いそうです。





「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(ブラウンダイヤモンドの話)の記事
家庭画報10月号
家庭画報10月号(2013-09-10 09:30)

プロローグ
プロローグ(2003-12-25 12:25)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。