ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › Ra.Dia › 続・“Ra.Dia” というブランド
2009年09月01日

続・“Ra.Dia” というブランド

今日も、【ジュエル足立が“Ra.Dia”をお勧めする理由】の、続きです。

“Ra.Dia”というブランドは
日本の商社(東京都千代田区)が起こした『ハウス・ブランド』です。




他社ブランドとの1番の違いは『ブライダルのみに特化した商品』
いうところでしょうか。
「カルティエ」にしても「ティファニー」にしても、主力は一般向けの
ファッションジュエリーで

その流れの中に「ブライダルもありますよ」 って事になっていますから
どうしても、「7~80点で収めないと、価格が上がって競争に不利」
という考えが中心になってしまいがちですが

対して“Ra.Dia”は、ブライダルのみのブランドですから
「ブライダルは特別なモノですから、100点のモノを造りたい」
の考え方しかありません。だから、加工にはメッチャこだわってますよ。

“Ra.Dia”は、一般的なブランドの武器である 「個性的なデザイン」
あまりありません。
ただ、普通ではありえないレベルの手間をかけた
「造りの良さ・完成度の高さ」を1番のウリにしています。

先週、ダイヤを留める台座(器)の事をお話しましたが
もう1つ、“Ra.Dia”のマニアックな所が

「爪の内側までピッカピカです」

通常「爪の内側」は、わざわざ覗き込まなければ見えない所ですから
石を留める前からザラザラしてたり、留める時に普通にキズが入って
しまいますが、“Ra.Dia”ではそこまでピカピカで作っています。

これはご購入の時には見えないし、気にならない部分なのですが
数年たってプラチナに付いたキズにこびりついた『黒っぽい油汚れ』
多くの宝石店にある『超音波洗浄器』では取れないらしいんです。

「でも、見えない部分が汚れてるんなら・・・」
と、言われちゃうところなのですが
(実は私も思ってました)
ダイヤを通して、なんとなく黒がにじみ出て来ちゃうらしいんです。

「それではダメだ!
 10年20年経っても超音波洗浄で
 キレイになる状態で提供したい!」

と言う訳で、ここまでしているそうです。

他のあらゆる「丁寧さ」には、驚きませんでしたが
この辺りになると、さすがに「マニアックだなぁ・・・」と思いました。

そんなところが、【ジュエル足立が“Ra.Dia”をお勧めする理由】 ですよね。

では、また。(^0^)/~~ バイバイ






「新しいお友だちの皆さまへ・・・」

『宝石屋』のブログとは思えない、ふざけたブログにもかかわらず
 ご来店?いただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m ペ コ リ
 素人のオヤジギャグ レベルとは言え、多少でも『面白さ』を求めたブログなのですが
 ネタは「いくらでもある」訳ありません。(;_;)ウルウル 
 面白い(と思える)ネタからご披露していきましたから
 昔UPしたネタの方が、笑えるかもしれないので
 試しに【お店ブログ・個人ブログ】の両方から
 自分なりの「お気に入りネタ」をピックアップしました。
 下のバナーをクリックして頂ければ、目次ページが開きます。
 興味があれば、おヒマつぶしに、ご覧になって下さい。




P.S.  いや・・・笑える保証がある訳では、ありませんからね。(*^。^*) テヘペロッ 

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
同じカテゴリー(Ra.Dia)の記事

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。