2018年11月27日

『NEOドラゴンズ』の期待と展望④・・・“京田”くん

2年前のドラフト会議。
2人の『大学生ショート』に注目が集まりました。



向かって左が、中京学院大学の“吉川 尚輝”くん
右が、日本大学の“京田 陽太”くん です。

彼らが4年生の秋、オールジャパン(たぶん、大学生選抜)に選ばれた時
“吉川”くんは、クリーンアップを打ちましたがセカンドに回され
“京田”くんは、ショートを守りましたが、7番打者でした。

これ一つ取っても、守備は“京田”くん。打つのは“吉川”くん
という評価だったんだ・・・と、推測されますが
現実は、ドラゴンズに入団した“京田”くんは
1年目からショートのポジションを任されたと思ったら
チームの【新人安打記録を更新】して、バッティングで印象を残しました。

他方、ジャイアンツに1位指名で入団した“吉川”くんは
2年目の今季、開幕からセカンドを任されましたが
その理由は、バッティングよりも守備の安定を買われたらしく
“坂本”選手のケガの後、ショートをそつなく守っていました。

アマチュア時代の評価は、アテにならない・・・って訳では無く
2人とも攻守供に『高いレベル』の選手なんだ・・・って事だと思われます。




  続きを読む


Posted by ジュエル at 09:30 │野球ネタ

▶コメントをする・見る(0)