2017年08月29日

「もったいない」・・・って、だけじゃなく。

八百万(やおよろず)の神 -Wikipedia-より

自然のモノ全てには神が宿っている」という考え方。
 日本では古くから、山の神様、田んぼの神様、トイレの神様(厠神 かわやがみ)
 台所の神様など、米粒の中にも神様がいると考えられてきた。
 自然に存在するものを崇拝する気持ちが、神が宿っていると考えることから
 八百万の神と言われるようになったと考えられる。…以下略。



世界に通じる日本語のひとつ、「もったいない」 という言葉は
ここら辺りの宗教観から来ているのかもしれません。

モチロン、何でもかんでも「捨てられない」と固執しちゃうと
【ゴミ屋敷】一直線になっちゃいますが
まだ、使えるのに捨てなければイケナイ・・・って時は
やはり、「もったいない」と思いますよね。

これは、金銭的な意味ばかりではなく
そのモノに宿る‟神様”に対し「申し訳ない」気持ちの表れだ・・・
と、個人的には、思っています。


そんな訳で、1ヶ月ほど前
この春、中学を卒業して高校生になった次男の
『中学時代の制服・・・その他』を

学生服専門「リサイクル・リユース」の店『エコママ』さん



に、買っていただきました。d(^-^) good!!



  続きを読む