ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

『Corin』関連記事まとめ

2017年03月02日

Road to 「懲りん」・・・その1

どうやら
『岡崎市の康生界隈を紹介するフリーペーパー(冊子)

『Corin(来りん)』の第2号が
4月15日 に、発行されるようです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪
 ※「Corin」を知らない方は、上の写真クリックで、紹介記事が開きます。

ウチの業種は、この手の雑誌のCMには向かないので
創刊号は、陰ながら応援していましたが・・・ (゚゚;)☆\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ
こんな楽しいイベントは、参加しないと損なので・・・(ゝω・) テヘペロ

第2号は、参加させて頂きます。g(`、´ )good!
モチロン、情報(CM)蘭だけじゃ無く、『スタンプラリー』もです。

何故か『コリン戦略チーム』のメンバーにも加わり
内側からも、支える感じになっています。

正直、多くの方に支えて頂かないと、3年5年と『Corin』が
続けられるか? わかりません。


実は、この手の本が作られていること自体が、奇跡的なのです。





  続きを読む


2017年01月17日

第1回「corin」スタンプラリーまとめ

どうやら
『岡崎市の康生界隈を紹介するフリーペーパー(冊子)

『corin(来りん)』の第2号が
今年4月 に、発行されるようです。((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪
 ※「corin」を知らない方は、上の写真クリックで、紹介記事が開きます。

ウチの業種は、この手の雑誌のCMには向かないので
創刊号は、陰ながら応援していましたが・・・ (゚゚;)☆\(--;)オイオイ ナニイッテンダヨ
こんな楽しいイベントは、参加しないと損なので・・・(ゝω・) テヘペロ

第2号は、参加させて頂きます。g(`、´ )good!
モチロン、CM蘭だけじゃ無く、『スタンプラリー』もです。


さて、その『スタンプラリー』ですが
創刊号(1回目)の、最終的なご報告です。

ブログ記事にし難い感じで終了しましたが・・・
とりあえず「まとめ」ておきますね。

  続きを読む


2016年12月10日

『亜cha:la(あちゃら)』さんの誤解を解き明かす。

・・・と言っても、みんなが知ってる事を、私が知らなかっただけ
・・・なんですけどね。(ゝω・) テヘペロ

1ヶ月近く前になりますが
アジア食堂『亜cha:la(あちゃら)』さん



にて、カミさんと次男の3人で食事をしてきました。

私以外は「初来店」で
私が家族を連れてくるには、軽く条件があります。

それは、まず私がランチ等で、下調べに行って
【家族の賛同を得られるお店】と推薦する事です。


その点で『亜cha:la』さんは、なかなかハードルが高いお店でした。

1.アジア料理・・・ってところが謎。(知識が無い)
2.お店の見た目が、何となく怪しい。
3.お酒のお店が苦手。(全員が下戸なので・・・)



ところが、知らない間に・・・「謎は全て解けて」いました。




  続きを読む


2016年10月29日

文字で伝える・・・

チャラチャラ・・・というか、ふわふわ・・・としてる私も
実は、2人の孫を持つ、オジイチャンです。(ゝω・) テヘペロ

前にも、このブログで書きましたが
「もう少し、落ち着いた大人になったら・・・」
という家族の声に押され
『足立 成生・大人化計画』が、進められています。

実は、その第1歩は、数年前にカミさんからもらった
システム手帳なんですが・・・

今年、やっと有効活用ができるようになったと思ったら・・・



壊れまして・・・(T^T)

やっぱ、新しいのを買う事にしました。



でも、そこは・・・
【典型的B型】なので、チョッピリ個性のあるモノが好きですし
『大人化計画』の一環なので、あまり安っぽいモノは、どうか?
と言いつつ、そんなモンにかけれる予算は限られています。
カバーだけに1万円もかけられるような「ブルジョア」ではありません。
MAX5千円が限界で、安い方は大歓迎・・・なオサイフ事情です。

もっと言うと、システム手帳を持って出かけません。
ってか、メモする習慣も無かったのですが、とうとう今年
「予定」や「目標」や「その他の必要事項」を、書くことが出来たんで

新しく買うんだったら、もう少し大きい方が書きやすいし・・・
(いつも私の足元の樹海・・・、いや・・・。ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
 自分の荷物置き場に置いてあるんで・・・)

かと言って、A4サイズとかは、流石にジャマなんで・・・


なんてワガママを全部叶えるのは、ムリなんで・・・と思っていたら

「ウチの店へ、来りん」

と、言われたような気がしたので
岡崎市の康生界隈を紹介するフリーペーパー『corin』に載ってる
『PEN’S ALLEY Takeuchi(ペンズ アレイ タケウチ)さんに、行ってみました。





  続きを読む


2016年10月08日

『シン チャオ』さんの 《ランチ本》

先月イッパイで終了した『ランチ本』ですが・・・
結局「赤字のまま終了」してしまいました。(-人-) チーン・ナムナム

「高額なお店なら、一軒で元が取れる・・・」
と踏んで購入しましたが・・・
そもそも高額なお店に行かないし・・・(T^T)

と、言う訳で・・・少しでも「赤字」を減らす為に・・・
強引な裏ワザですが・・・“ジュエル足立”の営業時間中に
カミさんがお友だちを誘って・・・斜向かいの
『シン チャオ』さんで、『ランチ本』を使って来ました。



知らない間に、1種類増えて「6種類」になってた『フォー』を選び
イロイロ付いた『シン チャオ コース』(ランチ本スペシャルメニュー)が
300円お安くなるので、それを・・・2人で・・・。(ゝω・) テヘペロ



手前が、カミさん御用達の『トマトのフォー』のコースです。
お友だちは『鶏肉』かな? 私は『豆乳』が推し麺です。(ゝω・) テヘペロ


実は『シン チャオ』さんは、康生界隈を紹介するフリーペーパー
『corin(来りん)にも載っていまして・・・



P.14 左側上段に載ってて、クーポンが付いています。
女子なら、『好きなフォー』プラス『Cセット』で、¥1,000チョイなので
それに、『corinクーポン』で、「ハス茶」か「アイスクリーム」を
付けてもらった方が、ランチ本より良いんじゃないかなぁ・・・。

11月まで、『corinスタンプラリー』もやってるし・・・ねぇ。
((((o゚▽゚)o))) ワクワク ♪



ベトナム.フォーの専門店 『シン チャオ』




 住所:岡崎市康生通東1丁目14番地
 VASE the social market hub 1階
 定休日:月曜日
 営業時間::11:30〜16:00
 ※ ランチセット:11:30〜14:00
 ※ 食事のラストオーダー:15:00
 ※ ドリンクのラストオーダー:15:30

駐車場:無し。お近くのパーキングをご利用下さい




  


2016年09月22日

新生『Ragslow(ラグスロー)』に、行って来ました。

そのお店は、ウチから徒歩1分程度の距離でしたが
精神的な距離が、とても遠いお店でした。

10年以上前だと思いますが・・・
そのお店を認知した時、ヤバいお店・・・かも? と思いました。

元々『下戸』なので、興味なく見てたからか?
お店の前に『怪しげなディスプレー』
店内も、ちょっと『変わった色の電飾』で飾られ・・・
チラホラ見えるお客も・・・が・・・外国の人でしょうか・・・?

「まさか、変な薬とか、売ってないよね?」
と考えると、近寄る事も、出来ませんでした。(*´?`*)てへぺろ


そして、5年ほど前でしょうか・・・
ウチの娘たちが行きだしたり、若いカップルに場所を聞かれたり・・・

店頭の『怪しげなディスプレー』は、相変わらずでしたが
知らない間に、康生のオシャレスポットになっていましたが・・・

オシャレなお店って・・・私みたいなオッサンが
入りにくいじゃ、ないですかぁ・・・。

そんな、メッチャ近くて遠いお店・・・
『Ragslow(ラグスロー)』さんに


行って来ました。g(`、´ )ドヤッ!


  続きを読む


2016年08月23日

『corin』創刊

何やら
『岡崎市の康生界隈を紹介するフリーペーパー(冊子)
が創刊されたようです。

その名も『corin(来りん)』

「来て!」とか「おいで」を三河弁にすると「来りん」となりますが
私の個人的な解釈ですが・・・
基本ポジティブな時に使っていますから、言葉の後ろには

「こっちへ来て、一緒に遊ぼまい・・・」


的なニュアンスが含まれてる・・・って思っています。


基本的には、『名鉄東岡崎駅』より北に、『岡崎市民会館』辺りまでの
限られた地域(ウチの商店街プラス&)の人たちによる
街のPR冊子です。

丁度『トリエンナーレ2016』の会場も『シビコ』などにあるので
注目&便利な本だと思います。



実は、以前に試験的にやってみた『スタンプラリー』の本格版です。

まず、参加店が一目でチェックできる地図が、最初の見開きページに・・・



逆に最後の見開きページには



スタンプラリーの参加方法や、景品が紹介されています。

参加店の紹介も、業種や使う人目線のカテゴリー分けをして
分かりやすく、シッカリ載っています。



モチロン、各お店の【クーポン】も付いてるCMなので
スタンプラリーに参加しない人でも、お得情報が満載です。



  続きを読む