ブーログ › 岡崎・康生 「ジュエル足立」 › 

『岡崎まぜめん』レポート

2013年09月19日

『出陣式』の 《まぜめん》

過去記事の『岡崎まぜめん』カテゴリでも数軒紹介していますが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


※『岡崎まぜめん』の定義です。サムネイルにしましたから、大きくしてお読み下さい。

タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!


って感じのプロジェクトなのです・・・。


そして、一昨日の記事『オカザえもんの出陣式』なんですが・・・実は

      

『岡崎まぜめん会』主宰のイベントでして・・・当然、出てました。



岡崎市民は今、『岡崎まぜめん』“オカザえもん”くんは、推し・・・なので
その両者のコラボ…であれば、乗るでしょ?食べるでしょ?

で、この日『出陣式』のまぜめんはコチラ

尾張の辛口ラーメン三河の味覚のコラボ
『台湾ラーメン型・岡崎まぜめん』です。

岡崎公園内での『出陣式』用のスペシャル使用ですから
プラスチック容器で、食べ終わったら捨てられる・・・チープな見た目ですが
基本、『岡崎まぜめん会』には、本気じゃないお店は参加してない
んで・・・。やっぱメチャ美味しかったですよ。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

こだわりの醤油ダシで味付けされた、特製の平打ち太麺に
肉みそ + 八丁みそ 赤水(なたね油) が、投入されたタイプです。

私は、『小学3年生の味覚を持つオヤジ』と言われるほどの子供舌で
辛いモノは、本来苦手なのですが、初心者にも優しい辛さでしたよ。




で…では、写真に写ってる ダルマ抽選券 の話も、チョットしましょうか?


  続きを読む


2013年07月18日

『さん太』 さんの 《まぜめん》

前に『岡崎まぜめん』カテゴリでも紹介していますが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


※『岡崎まぜめん』の定義です。サムネイルにしましたから、大きくしてお読み下さい。

タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!


って感じのプロジェクトなのです・・・。


まぁ、『小学3年生の味覚を持つオヤジ』と言われるほどの子供舌で
グルメブログは、本来苦手なのですが
正直、月に1回、このネタで潰せるのはデカ・・・
岡崎市民は今、『岡崎まぜめん』“オカザえもん”くんは、推し・・・なので

その『岡崎まぜめん』を、発信し(お店で出し)てるチームには
神セブン と呼ばれる男たちがいまして・・・


今回は、その中のお一人のお店に行って来ました。


岡崎市の、洋食界の雄! 「とろ~り卵のオムライス」で有名な

 食 “nouveau”『さん太』さん です。

どうしても、洋食屋さんの『岡崎まぜめん』というと、パスタ系になるので
パスタ専門店の『Baku』さん と、かぶる不安も多少はあったのですが・・・
ぶっ飛びました。これが洋食屋さんの『岡崎まぜめん』です。

夏季限定『岡崎まぜめん』海老と帆立の冷やしまぜめん

一口目でビックリ! 味の完成度の高さは、当たり前で・・・
まず、口の中で「海の風味」が爆発します。(天然海老のミソの旨み・・・だそうです)
そして、「冷たっ!」( ̄□ ̄;)!!
うどん屋さんの「温・冷」とは違って、ホントに爽やかに冷えています。


  続きを読む


2013年06月04日

『かのん』 さんの 《まぜめん》

前に『らんパークさんの・・・』『城北飯店さんの・・・』
『Bakuさんの・・・』でも紹介しましたが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


※『岡崎まぜめん』の定義です。サムネイルにしましたから、大きくしてお読み下さい。

タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!


って感じのプロジェクトなのです・・・。

チョッピリ間が空きましたが、昨日第4弾のお店に行って来ました。
そこは・・・岡崎市内で、最も「心がザワザワする」うどん屋さん


『かのん』さん
へ行って来ました。

『岡崎まぜめん』が、汁なし麺と八丁味噌との融合であるならば
食べずに死ねないのが、『本格うどん』です。

何を持って『本格うどん』とするかは、人それぞれでしょうが
一つの指針になるのが、【うどん県】の存在でしょう。


・・・って考えると
香川県が世界に誇る『讃岐うどん』『岡崎まぜめん』を食べたい!
・・・と思うのは、日本人として当然の心情です。

岡崎で讃岐うどん・・・と言えば『香の兎』さん有名なのですが
『かのん』さんはそこの2号店ですから、『讃岐うどん』は同じモノです。
そこで、作られた『岡崎まぜめん』が、コチラ。

味噌ソース?で描いた、ドラえもん?  です。 (゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。) ウンウン
これをイッキに混ぜて、食す訳ですが・・・
やっぱ、基本のうどんがシッカリしてるんで、食感も良く美味しいです。
まぁ、いつものように「グルメレポート」は
“おかんRider”さんのブログ記事をご覧になって下さい。(*^。^*) テヘペロッ


  続きを読む


2013年04月13日

『Baku』 さんの 《まぜめん》

前に『らんパークさんの・・・』『城北飯店さんの・・・』でも紹介しましたが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


※『岡崎まぜめん』の定義です。サムネイルにしましたから、大きくしてお読み下さい。

タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!


って感じのプロジェクトなのです・・・。

その第3弾は・・・ウチから歩いて数分のお店
pasta&cafe 『Baku』 さん


私の認識の中では、岡崎の『パスタ専門店』の走り・・・です。
それまでは、
「スパゲッティ」しか食べた事なかったんで・・・。
若い方から、年配の方まで、幅広く評判の良いお店です。

これまで「和食」「中華」と食べて来ましたが
『岡崎まぜめん』の基本スタイルが、汁なし麺 ですから
やっぱ、一番似合うのは・・・パスタかな? という思いもありました。




元々「八丁味噌」のメニューもありますし、扱いが上手です。
八丁味噌をミートソースの合わせ具合が抜群で
バランスの良さと完成度の高さを感じる『まぜめん』という印象でした。
モチロン『岡崎まぜめん』の特徴である「季節の野菜」も豊富です。
私は個人的に、ここの『卵の焼き加減と味付け』が非常に好みです。

  続きを読む


2013年03月19日

『城北飯店』さんの 《まぜめん》

前に、1月22日の記事『らんパークさんの・・・』でも紹介しましたが
岡崎市内の飲食店で、『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!


って感じのプロジェクトなのです・・・。

そんな訳で、昨日急きょヒマになった私は・・・(+。+)アチャー。

岡崎の 中華料理店 の 雄 『城北飯店』 さん
へ、行って来ました。



基本的な味の紹介(グルメ記事)は、
去年の春、6人のお嬢様方がBoo-logでご紹介記事を書いて下さったので
“ドキン”ちゃん“スイートホーム”さん“グラープ”さん
“ゆか”さん“ポン”ちゃん“ぷ~”さん を勝手にリンクしておきます。

よし!これでグルメレポートは、完璧だ!
・・・って事で、『岡崎まぜめん』レポートです。




麺は平打麺です。中華屋さんだから、ラーメン系かと思ってたら
きしめんに近かったです。

これをイッキに混ぜ合わせると、丼の底に隠れている
『八丁味噌ベースに豆板醤・香醋で調味した、四川融合』のタレ
が麺に混ざって行くごとに湧き立つ香りに、食欲を刺激されました。

辛さが3段階選べますが、辛いの苦手な“足立”家は、「小辛」で・・・
この中華のピリ辛タレを味わうと、麺が平打ち麺な理由が分かります。

この麺と、炸醤(ザージャン)・レタスなどのシャキシャキした食感を抜群!
男性はプラス¥100でご飯を付けて『まぜめん定食』としても良さ気です。

  続きを読む


2013年01月22日

『らんパーク』さんの 《まぜめん》

以前、“永田や COO”さまもブログで紹介されてましたが
岡崎市内の何軒かの飲食店で、去年の11月11日(麺の日)をスタートに
『岡崎まぜめん』なるイベントが行われています。


タイトル通り、「麺」を「混ぜ」て食べることをベースに
岡崎名産の『八丁味噌』と『なたね油赤水』の使用を条件に
岡崎市を代表する「和」「洋」「中華」「創作」のお店が
オリジナルの料理を、お店のメニューとして出して、競い合い
最終的には、岡崎の新しい名物料理にして行こう!

って感じのプロジェクトなのですが・・・

はっ・・・( ̄□ ̄;)!! と、気が付けば・・・
既に、第2弾に・・・今月11日から、突入していました。(*^。^*) テヘペロッ

そんな訳で、昨日あわてて行って来ました。


  続きを読む